ここから本文です

解決済みのQ&A

聖書には「神のもとに平等」という言葉が出てくると思いますが、どういう意味なの...

to_risugari_0310さん

聖書には「神のもとに平等」という言葉が出てくると思いますが、どういう意味なのですか?

補足
すみません、「神のもとに平等」という言葉が聖書には出ていないとの指摘なのですが、私は子どもの頃教会学校に通っていて、そこで習った言葉なのです。子ども心にどういう意味なのか気になっていたので室もしてみましたが、聖書には載っていないんですか…。
  • 質問日時:
    2010/12/6 18:53:38
  • 解決日時:
    2010/12/21 07:09:49
  • 閲覧数:
    1,353
    回答数:
    8
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

asdcfghytrewさん

聖書に載っていなくても、神の特質を考えれば当たり前に分かる事です。
聖書に載っている載っていないという事を持ち出すのは小さすぎます。

人間は社会的身分や身体的特徴で人をランク付けする性質を持っています。
医師や弁護士、という職業の人を前に「先生」と呼びますし、
サラリーマンと比較しても社会的ステータスが高いということはみんな感じると思います。

また、障害のある方に対して、気の毒という感情を持ったり、差別したりしますよね。

よく、神様がいるならなぜ障害者が生まれたり、お金持ちや貧しい人がいるの?という人がいますが、
人間がそのような視点で人を見ることによって、差別や偏見が生まれるのであって、
神様は、どのような境遇に置かれた人であってもみな同じ人間なのです。

社会には健常者が多数派を占めているため、手や足がないというだけで、その人を特別な人として見るのです。
障害があっても、私達と同じ、普通の人間であるという視点で見ることができれば差別は無くなります。
いうなれば、差別は社会が生み出した産物ということです。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(7件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

pinkcherrywhiteさん

・「神にはえこひいきなどはないからです。」(ロ-マ人への手紙2:11)
・「あなたがたはみな、キリスト・イエスに対する信仰によって、神の子どもです。ユダヤ人もギリシヤ人もなく、奴隷も自由人もなく、男子も女子もありません。なぜなら、あなたがたはみな、キリスト・イエスにあって、一つだからです。 」(ガラテヤ書3:26,27)
・「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。 恐れるな。わたしがあなたとともにいるからだ。」(イザヤ書43:4,5)
・「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。 神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。 」(ヨハネの福音者3:16、17)
・「イエス・キリストを信じる信仰による神の義であって、それはすべての信じる人に与えられ、何の差別もありません。 すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、 ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。 」(ローマ人への手紙3:22)
現世においてどのような状況にあろうとも人が神によって愛されている事・誰もが死にみまわれる事・そして私たちの救い主として御子(イエス・キリスト)を地上に遣わした事に於いては「人は神のもとに平等」ということではないでしょうか。
※ただ『イエス・キリストを心から信じる者に天国に入ることの出来る永遠のいのちが与えられる=何の差別も不平等もない』とある点において、実際にはキリストを信じることが大前提なのかもしれません。

  • 違反報告
  • 編集日時:2010/12/7 19:24:15
  • 回答日時:2010/12/7 18:27:46

hakuseiunさん

「神のもとに平等」は、人から言うべきことばであり、神からは、「すべての人に対する、ことばになる」のは、当然でしょうね。旧・新約聖書に数え切れない程書かれており、一部を抽出します。

創世記1:26-神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」同1:31-神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。夕べがあり、朝があった。第六の日である。同9:12「更に神は言われた。あなたたちならびにあなたたちと共にいるすべての生き物と、代々とこしえにわたしが立てる契約のしるしはこれである。」などで、神は 【全ての人に等しくあるよう】 語り・取り計られています。

新約では、ルカの福音書 20:38「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ。すべての人は、神によって生きているからである。」、ヨハネの福音書 1:9「その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである 。」、ローマの信徒への手紙8:39「高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。」

この様に抽出するのは限り有りませんが、神が如何に人々を愛し、神の愛を見習うよう諭し続け、等しく楽園に戻れるよう苦心惨憺されていることを、見聞きすれば、その様に有るように導く意味と受け取る外ないしょうね。

y950000iさん

直接的に神のもとに平等と書かれている箇所はないですが、その考えを示す聖句は幾つかあります。

例えば「神は不公平な方ではないのでどの国民でも、神を恐れ、義を守り行う人は神に受け入れられるのです」(使徒たちの活動)

「神は善良な者にも邪悪な者にもご自分の太陽を上らせ、雨を降らせてくださる」(マタイの聖句)

「神は世(全人類)を深く愛してご自分の独り子を与えた」(ヨハネの聖句)

つまり神はどの国民でも平等にそして公平に見てくださいます。

ただし、神に対する敬虔な恐れを抱き、神の義を愛するなら神に受け入れていただくことができます(^^)

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 編集日時:2010/12/6 22:53:24
  • 回答日時:2010/12/6 22:50:50

cavazionさん

そんなこと聖書のどこにも書いてません。聖書は「人間はみな平等」なんて言ってませんよ。それは、フランス革命とか共産主義の主張することで、いずれも反キリスト的な思想です。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2010/12/6 21:50:57

kokomosky2009さん

>聖書には「神のもとに平等」という言葉が出てくると思いますが
さぁーーーーそんな聖句は見た事がないけど。
「平等」と言う言葉で、パソコン検索してみたけど、
エゼキエル47/14に一回だけ出て来るだけで、それも全然違う
意味だろ。強いて言えば、パウロがローマ書簡に、神の恵みは
ユダヤ人もギリシャ人も関係ないと書いてあるところくらいだろ。

「神のもとに平等」などと言ってるアホ教団に限って、アホ牧師が
偉そうに威張ってるんだろうし、「神を信じない者は滅ぶ」などと
言ってるんだろうし、「イスラムは悪魔」と言ってるんだろうから、
アホ牧師が「平等」の意味なんか全く理解しないで言ってるんだよ。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する