ここから本文です

収入印紙は、税務署で払い戻しが出来ると聴いたのですが 本当ですか?

質問者

rirakkuman1127さん

2010/12/2122:39:33

収入印紙は、税務署で払い戻しが出来ると聴いたのですが
本当ですか?

閲覧数:
8,750
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mot3355さん

2010/12/2122:47:46

税務署から返してもらえるのは、次の二つに限られます↓
1.印紙税を納める必要がある文書に印紙税として納めるために印紙を貼りすぎた場合。
2.印紙税を納める必要がない文書に間違って印紙税を納めるために印紙を貼ってしまった場合。

印紙は、登録免許税や各種の国の手数料として、登録申請書類や入学願書などにもはりますが、登録免許税や各種の国の手数料として貼った印紙は、印紙税として納めたものではありませんから、これを税務署に持っていっても、その貼った印紙に見合う金額は返してもらえません。
返金対象となるのはあくまでも納税義務のある文書を作成し、印紙税を納めるために貼ったものでなければならないのです。
また買いすぎたり、不要になった印紙を、そのまま税務署に持っていっても、印紙税として納めているものではありませんので、このようなときにも返してもらえません。ただ、郵便局では収入印紙の交換制度があります。

還付を受ける方法は、まず印紙税についての過誤納の事実があることについて所轄税務署長の確認を受けなければなりません。
それためには、「印紙税過誤納確認申請書」を税務署に提出するとともに、印紙税が過誤納となっている文書を提示することが必要です。
「印紙税過誤納確認申請書」の用紙は税務署に用意してあります。したがって、印紙税の過誤納金の還付を受けようとする人は、印紙税が過誤納となっている文書と印鑑を税務署に持参すればよいようになっています。

税務署長は、提示された文書について印紙税の過誤納の事実を確認した場合には、その文書にはられている印紙に「過誤納処理済」等と表示した印を押して文書を返却します。還付は現金を直接渡すことはしないで、銀行か郵便局を通じてなされますから、還付金を受け取るまでには若干の日数をみることが必要です。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/inshi/annai/23120083.h...
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/inshi/pdf/kagono.pdf
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/inshi/pdf/23120083-2.p...

質問した人からのコメント

2010/12/21 22:57:02

成功 分かりやすい説明、
どうもありがとうございます(*^_^*)

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する