ここから本文です

解決済みのQ&A

危険物の保管方法について教えて頂きたいです。

taka_aki_0121さん

危険物の保管方法について教えて頂きたいです。

第二類と第四類を同一場所に保管したいのですが、何か方法はないですか?
調べたところ違う類の同一場所での保管は出来ないと書いてありました。
ただ、保管場所が他にない為出来ないでは困ります。
どちらの物も使用する為破棄する事は出来ません。
ちなみに、第二類は鉄粉になり、第四類は色々と保管してあります。
どうか法律の抜け穴など裏技があればお願いします。
違法な事は出来ないので、宜しくお願いします。
みなさんのお力お貸しください。

  • 質問日時:
    2011/1/7 18:34:54
  • 解決日時:
    2011/1/22 07:25:32
  • 閲覧数:
    1,760
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

boyonge88さん

甲種合格者です。

別に、同時貯蔵できるっしょ?
(基本原則は、出来ないと書いてあるけどね)

規則第39条に、規定がありますよ。
(危険物安全協会編・危険物取扱必携法令編P155)

1類と6類、1類(アルカリ金属の過酸化物以外)と5類、
2類と自然発火性物品(黄りんとその含有品のみ)、
2類(引火性固体)と4類など他にもありますが・・・ 何か?

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

godwing747さん

全国危険物安全協会発行の[危険物取扱必携 法令編]に《類を異にする危険物は…原則として同時貯蔵はできないこととされています。(耐火構造の隔壁で完全に区分された室が2以上ある貯蔵所においては同一の室)》と書いてありますので、耐火構造の隔壁で完全に区分すれば良いと思います。
※2類の引火性固体は固形アルコール、ラッカーパテ、ゴムのり等の引火性蒸気を発する固体であり金属粉ではありません。自然発火性物質は3類ですので、鉄粉と4類との同時貯蔵はできませんよ。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 編集日時:2011/1/10 07:23:16
  • 回答日時:2011/1/9 18:11:28

takkeyitoさん

その鉄粉は本当に危険物ですか?(メッシュが小さくないと危険物にはならない) 指定数量500Kgを超えますか?

鉄粉に4類に使う泡系の消火剤使ったら被害が拡大しますから、正攻法でいったら同じ場所に保存は不可。
もしも鉄粉の保管量が少ないのであれば、鉄粉を置くための少量危険物保管庫を別に作るほうが話は早いと思う。

少量危険物ですらないならそれはもうお好きなように~ ってなりますし。

boxer5017さん

指定数量をこえないようにするとか。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する