ここから本文です

解決済みのQ&A

高山病予防に携帯できる酸素が欲しいのですが、ほとんどが飛行機内に持込出来ない...

yasuapriさん

高山病予防に携帯できる酸素が欲しいのですが、ほとんどが飛行機内に持込出来ないので持込可のいい商品があったら教えてください!

  • 質問日時:
    2011/2/3 20:35:52
  • 解決日時:
    2011/2/4 18:48:02
  • 閲覧数:
    771
    回答数:
    4

ベストアンサーに選ばれた回答

aroma030401さん

意味無いけど・・・

水に溶かして飲む「飲む酸素」って言う液体はありますね。同じくタブレットタイプなら機内持ち込み出来ます。

山仲間に2000mを超えると高山症になる人がいます。
アメリカの山に行く時、両方を持って言ったそうで、効いたと言ってました。
彼女の場合は気分の問題が大きい気がするので、効くかどうかは分かりませんが。

使用目的は何ですか?飛行機は気圧調節しているから飛行機では無いですよね。海外の山でですか?
スイスアルプスではホテルでも売っているところがあるそうです。マッターホルンのヘルンリヒュッテでも売っていたような気が???使っている人はみませんでしたが。

ペール―人の友人の話だと、ペルーは4000m以上のところに殆ど人が住んでいるから、観光客の泊まるホテルには大きな酸素ボンベが置いてあると言っていましたよ。登山用にも売っているらしいですが、効かないみたいですね。

キリマンジャロも登山基地に売っているらしいですが、直ぐに無くなってしまうしやっぱり効果は薄いみたいです。

やっぱり、体を高度順応させないとダメでしょ。毎年ヒマラヤに行く知人は、暇があると富士山のお鉢を物凄いスピードで走りまわっています。

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

yoku1972さん

携帯酸素って意味ないらしいですよ!?
もしもあなたが高山病に不安を抱いているのでしたら、少しペースを落として登って下さい。
息があがると、富士山などでは高山病になりますね!

富士山を例えれば、8合目まではすごくゆっくり登ることです。
そこで高度順応させてください。9合目からは息が乱れないと思います。
息が切れたらペースを落とすのではなく、息が切れないように登るのが正しいです。

gooddog3495さん

「携帯」酸素は気休めで効果ありません。

旅行医学の外来のあるドクターにダイアモックスをもらったほうが良いです。

http://www.jstm.gr.jp/japan_map.html

petzl_headlampsさん

その様な物は存在しません。
携帯酸素缶は僅か数分しか持ちませんので、高山病の予防なんかにはまったく約に立ちません。
高山病の症状が出始めたら、速やかに下山して高度を下げる事が何よりの予防方法です。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する