ここから本文です

ソフトテニス ストロークが安定しません・・・

burxrtさん

2011/2/1007:57:08

ソフトテニス ストロークが安定しません・・・

高3です。
定時制のソフトテニス部に入っています。
自分は後衛をしているのですが、ストロークが物凄く下手です。

練習試合中ロブで繋げて「ここだ!」というチャンスボールでミスをしてしまいます。
ネットの真ん中辺りに直撃か、若干オーバーしてしまいます。
ドライブがかかってません。
それが原因で勝ち越してた点があっという間にデュースになったり。

顧問は「低い打点(アンダーストローク)で打てば自然とドライブがかかる」と言ってます。
確かに打ちやすいとは思うのですが、ネットギリギリに直撃する事が多いんですよね。

自分の場合、恐らくテイクバックが遅いんだと思います。
ボールがバウンドしてから引いているのがダメなんでしょうか?
遅すぎますか?

よく「バウンドした瞬間を叩くのが普通」と聞きます。
いちいち打点を落としてるからおかしくなってしまうのですか?
フラットでインパクトして、そのまま手首を返しています。
これでもドライブはかかりません。

http://soft-tennis.net/encyclopedia/biggners-guide/skill/fore-hand/...
こちらのサイトを参考にしているのですが、綺麗なテイクバックが出来てますよね。
ネットを越えた辺りからもうテイクバックをしている。

以前速めにテイクバックをしていたのですが、どうしてもタイミングが掴めません。
ボールの位置が前過ぎて結局フォームが崩れたり。

安定したストロークを打つためにはどういう事が大切なのでしょうか?
アンダーストロークが一番打ちやすいのでしょうか?

学校での練習時間は40分と短いです。
天候の悪い日は部活自体ありません。
家で素振りをしたいのですが、出来る環境ではないんです・・。
家では本や試合動画でイメトレしています。

閲覧数:
10,783
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryuji_1_8222さん

2011/2/1410:20:30

ソフトテニス歴25年の者です。

チャンスボールをネット中段/アウト等でミスしてしまうとのことですが、質問者が分析済みのテイクバックも含めて、いくつかのポイントがあります。


①ぎりぎりまで構えずに、直前でテイクバックを始める打ち方を、俗に「タイミングショット」などと呼ぶ人もいますが、初・中級者向きではありません。
タイミングのはやい「ライジングショット」の場合は、バックスイングの完了が遅れる事もありますが、前衛を牽制するためにも、テイクバックをはやめる必要があるでしょう。


②チャンスボールほど力んではいけません。相手コートが近いのですから、そんなに力を入れる必要は無いはずです。スナップだけでもボールはかなり飛びますので、かたき討ちの様に120%の力で打っていたのでは、確率は下がる一方です。


③「バウンドした瞬間を…」のくだりがありますが、要するにライジングショットのことでしょうか?ライジングショットは普通ではありませんが、ワンバウンド後、バウンドの頂点に達する前に叩くのがライジングですから、「ボールは上がってくる」「スイングは上から叩く」と、2つの要素が打ち消し合って安定したストロークが打てるという人もいます。確かに、バウンドの頂点を過ぎて下がり始めたボールを打つと、ボールを抱え上げる様に打ってしまう症状があらわれます。

しかし、ライジング打ちをするなら、通常の打ち方よりも1、2割力を加減する必要があります。タイミング的にシビアなため、10割の力で打つとミスが増えます。7、8割で打っても、タイミングの速さと、相手コートまでの距離の短さとで、十分に補うことが可能です。


④チャンスボールに対して、アンダーハンドストロークは不向きです。ドライブはかかりますが、チャンスボールですからネットが障害となり、物理的にアウトが多くなります。アウトを警戒してのネットももちろん増えますから、チャンスボールはトップ打ち以外考えられません。


⑤ダウンスイング(上から下へのスイング)は不安定になりやすく、一流選手の多くは、トップストロークでもアッパースイング(下から上へスイングする)を採用しています。特に胸より下のボールは、こねてネットしやすく、好不調の波に影響されやすくなります。
アッパースイングでも、ミートの長さや、スイングの速さを調整すれば、スピードボールを打つことは可能です。

ダウンスイングは、フォロースルーの面のかぶせ具合を一定に保つのが難しく、よほど打点が高い場合か、よほど練習を積んでいるか、精神的に強い選手で無いと、確実に不安定要因となります。

ボールの後方を叩いて、そのままボールの後方にドライブをかけるイメージを持てば、自然とアッパースイングになるでしょう。ボールの上にドライブをかけるイメージは良くありません。その様な打ち方でミスらない人はいいですが、腕力が強くなり始める中高生は特に、ボールを吹かしてしまう原因にもなります。


⑥質問者が選んだ動画も素晴らしい選手である事は間違いありませんが、できたら日本ソフトテニス界の至宝「中堀選手」あたりの動画を参考にしてほしいものです。(「熊田道場」「ストローク」で検索すると、Youtube等の動画がヒットします)韓国選手は日本人よりも身体的能力が優れており、日本人選手は、その差を、フォームの美しさでカバーしていると言っても過言ではありません。

ご覧になってわかると思いますが、後衛にしてはスタンス、バックスイング、フォロースルーと、全てがコンパクト過ぎます。まるで日本の前衛が、ちょっと後衛をやった様な感じです。

韓国選手は後衛でも昔からこの様な打ち方ですが、筋力、脚力、瞬発力、更に、兵役をこなす精神力等が日本人選手を上回ってますので、日本と互角以上に戦う事ができるのです。

最近の韓国事情はわかりませんが、ちょっと前まで、「韓国では兵役中も軍務のかわりとして練習ができ、1日9時間の練習中、カットサービスに4時間を費やす。」「勝てば生活が保障され、負けると罰則がある。」などと言われていました。

1日40分の練習では、韓国人選手の練習量に到底及びませんから、韓国人選手のやや効率的ではない打ち方を学ぶよりも、中堀選手やその他日本人選手の、ダイナミックで流れる様に美しいフォームから学んだ方が、少ない力でより球を飛ばす技術を修得できると思います。(※日本人の後衛にもコンパクトで、確率重視の選手は存在します。)

質問した人からのコメント

2011/2/17 08:22:37

皆さん詳しい回答有難う御座いました。
日本人のフォームを真似すべき・・という事には驚きました!
確かに中堀選手は後衛最強だなんて言われてますしね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shumilesmileさん

2011/2/1100:32:06

質問者さんなりに努力しているのでそれはいいことだと思います。
テイクバックが原因の一つとわかっているのは大きな収穫です。
自分のことを客観的に見て悪いと思ったところを直せたらある程度はうまくなります。
顧問の先生の言うことは大切だと思いますが、そのままを受け入れないでください。自分のなかで考えて合っているのか間違っているのかを考えて実践してください。

ドライブがかかってないとのことなんですが、無理にかけようとして手首をひねったりするのはだめです。本があるなら本のってる人のスイングの軌道をよく見てください。そしてイメージしてください。それから素振りを自分のイメージ通りにできるまで何百回も何千回もしてください。そこで初めて実際に球を打ってください。これ基本です。
見る→イメージ→練習→実践です。

テイクバックのタイミングは人それぞれですが、だいたいボールがネットを越えるちょっと手前ぐらいでテイクバックですね。心に余裕を持ってスイングしてください。ちょっとは打ち急ぎはなくなると思います。

安定したストロークをするにはいろいろあるんですが、あなたの場合はまず自分の打ちやすい打点を見つけてください。アンダーストロークとかそんな大まかな範囲で決めないでください。一番打ちやすい打点が見つかったらその打点に球が来ることをイメージして素振りをしてください。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2011/2/1022:45:11

テイクバックが遅いのは駄目です。
打つ準備が出来ていなければ打てる球も打てません。
返ってきたボールに向かって走ってる時もテイクバックしながらです。

ロブは出来るんですよね?
チャンスボールで決めようとしてミスしてしまうというのは、トップ打ちが出来ないという事ですか?
トップ打ちをミスする理由は球がちゃんと面の真ん中に当たってないか、しっかり振り切れてないか、重心移動が出来てないかです。
ただそういうチャンスの場合、精神的な問題もあると思いますよ。
打てるかな…ミスしたら…と思った時点でミスするんだとよく顧問に言われました。
いける!決める!と思いしっかり振り切って下さい。

それからバウンドして打つタイミングが分からないという事ですが、打つ時にラケットを持ってない方の手を前に出してボールをつかむ感覚でタイミングを合わす事をお勧めします。
ドライブをかけるにはしっかりと打つ時に面をかぶせて振り切る事ですね。
低い打点で…は今あんまり気にしないで下さい。

とにかくまずは基本的な事から押さえていきましょう。
打つ瞬間まで球を見る。球は真ん中に当たっているか。ちゃんと振り切っているか。重心移動が正しく出来ているか。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2011/2/1014:31:32

安定したストロークをするには、足を動かすことです。

ボールの回転うんぬんではありません。

焦らずに早くボールに入る事が大切です。

走る→ボールに入る→腰を落として低く構える→打つ


また、回転をかけようとしすぎると、当りがうすくなります。

ボールを点でとらえるのではなく、線でとらえる感じで打ってみてください!
ちょっと難しいかもしれませんが、ラケットに球が乗る感じを掴みましょう!
球を上から叩きましょう!叩いても首に腕が巻きつく感じに振りぬけば球は上がります!

うまく説明できませんが、そんな感じです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する