ここから本文です

甘いものをバクバク食べつつ、糖尿病などの生活習慣病にならないようにする方法あ...

n_i_c_o_n_i_c_o_n_iさん

2011/2/2408:01:05

甘いものをバクバク食べつつ、糖尿病などの生活習慣病にならないようにする方法ありますか?(食べる量を減らす以外で)

閲覧数:
294
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

arajinn25さん

編集あり2011/2/2418:09:34

生活習慣病の原因は甘いものでなく、AGEsです。

AGEsを豊富に含んでいるのは、脂質と肉類です。
また、高温調理の揚げる、炒める、焼くの操作でも多量に発生します。

食べ物を選べば、生活習慣病にはなりません。

スナック菓子、フライ、果糖製品、マヨネーズ、マーガリン等が
危険な食品です。

和菓子なら、かなり安全です。

生活習慣病を抑制する食品があります。
クエン酸は生体内でのAGEs形成を抑制します。

アルデヒドが、組織中のリジンやアルギニンと結合してAGEsを作ります。
結果として、蛋白質の機能障害が生じます。

逆に、アルギニンを経口摂取すれば、組織のアルギニンの結合がパスされます。
アルギニンには、糖尿病、アルツハイマー、動脈硬化、腎不全などの
予防効果があります。
エビ、カニ、カツオやマグロの赤身、ナッツ類、大豆、玄米に
アルギニンが多く含まれています・

質問した人からのコメント

2011/3/2 20:29:15

感謝 ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。