ここから本文です

尊王攘夷とはどういうことですか??

amanda_emilie0_0さん

2011/3/1223:16:22

尊王攘夷とはどういうことですか??

新撰組にハマって以来よくこの手の本を読むのですが、どんなに読んでも未だに『尊王攘夷』という言葉の意味を正確に掴む事ができません。

また「尊王派」とか「攘夷派」って二つに分かれていますよね?
なのに「尊王攘夷」って…。
言葉がどういう意味なのかがわからないんです。

幕府は何を護るの?将軍?
攘夷志士は幕府と対抗していたということ?
つまり、幕府は将軍支持で攘夷志士は天皇支持ってこと?

新撰組はもともと攘夷賛成でしたよね?
なのになぜ攘夷志士という人達と対立しているの??
(新撰組は元々攘夷ではあるがしかし幕府側。幕府が開国したから攘夷ではあるが攘夷志士と対立するということですか?)


いろいろ調べてはみるもののますます分からなくなるばかり。
もうそろそろちゃんと理解したいです。
バカな私にも分かるように説明してくださいませんか。
教えてください。宜しくお願い致します。

閲覧数:
100,110
回答数:
8
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/3/1922:51:41

尊王とは「天皇を敬う」ということで、当時の殆んどの日本人に共通する基本的な思想であり、近藤を含む佐幕派の者も尊王です。
天皇を頂点とする中で、政治を実施するのが幕府か薩長か公家かということです。

攘夷というのは外国人を排斥する思想で、外国人と仲良くしたいと思っている人はごく少数でした。
外国に対する正しい認識が欠如していたからです。

そんな日本にアメリカが、武力行使も辞さない構えで開国を求めてきました。
幕府は圧倒的な軍事力の差があることを分かっていたので開国します。
また、開国推進派には長期的なビジョンを持った人もいて、まずは外国の進んだ知識や技術を吸収し、その上で対等に渡り合っていこう(富国強兵策)と考えていました。

ところが薩長らは世界の実状を知らなかったので、幕府を弱腰だと非難します。
そして武力によって外国を排除し、鎖国を維持しようと考えていました。

また、幕府が朝廷の許可無しに開国を決めたことに反発しました
しかし、鎖国を決めたのも幕府なので、開国するのも幕府の自由なのです。

その後、薩英戦争や下関戦争での敗北によって、薩長もようやく武力攘夷が不可能であることを知ります。

反幕勢力は尊王を掲げて活動しますが、京都炎上と天皇拉致のテロ計画、禁門の変での御所への攻撃など、尊王とはまるで反対の行動を取ります。
尊王はあくまで名目で、幕府以外に日本を統治する正統性があるのは朝廷だけだったからです。

ここに到って、薩長は倒幕及び自分たちに従わない者の一掃に突き進みます。

近藤の思想は「天皇から委任を受けた幕府が、天皇と国を守り政治を行う」という尊王佐幕です。
そして新選組は尊攘思想の者を弾圧していたのではなく、尊攘を掲げて殺人や恐喝などを為す犯罪者やテロリストの取り締まりを行っていたのです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

s71c183yさん

2011/3/1723:04:51

簡単に言えば、尊王は天皇の尊厳を護ることで、攘夷は異国を撃退するという意味です。尊王攘夷は天皇を中心とし、異国の脅威を打ち払うという運動です。
幕府は徳川家を護りたく、攘夷志士は異国と条約を結んだことに不満を持っていました。新撰組は元々14代将軍の家茂を護るために組織されたので幕府に忠実ですし、異国と条約を結んだことには賛成だったと思います。そこで亀裂が入ったのです。幕府は後手の政策ばかりでこのままでは異国に飲み込まれてしまいます。幕府の中でも攘夷派と開国派など分かれていました。これに脅威を感じた攘夷志士たちは行動を起こしますが逆に異国の力の差にがく然とします。これに気付いたのが薩摩と長州です。それから尊王開国へと手綱を切りました。新撰組はずっと攘夷なので開国派とそりが合うわけがありません。そこでどんどん対立してしまったのです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

acm090190さん

2011/3/1416:15:04

「尊王攘夷」という言葉は、元々中国で生まれた言葉です。
周の時代に王室を守り、異民族を撃退したことを4文字で表しました。
幕末に水戸学などの思想が下級藩士などの間で流行し、その中でこの言葉が使われるようになりました。
ペリー来航後、開国を迫る諸外国を周の時代の異民族の侵略に例えて、挙国一致で諸外国を追い払おうとの思想で使ったのが始まりかと思います。
その後、いろいろな解釈を生み、尊王=天皇を尊ぶ(公武合体)、尊王=幕府を倒す(王政復古)、攘夷=外国を追い払う、
攘夷=幕府を倒す(皇室から見れば幕府も外敵)、などなど自分たちの行動を大義名分化するために勝手な解釈をしていたように思います。「攘夷!攘夷!」と叫んでも、叫んでる人たちの数だけ解釈があると言えます。質問者の方が正確に意味を掴めないと言われていることが正しいのです。
ですので、幕末に起こった様々な出来事の元となった様々な思想の総称を「日本の幕末における尊王攘夷思想」と考えればよいのではないでしょうか。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hidenoji3さん

2011/3/1322:17:18

新撰組は過激派浪士による治安の乱れを取り締まる、京都守護職の会津藩の別動体みたいなものです。

彼らとて帝や朝廷を敬い、外国を排斥したいという思想はありますが、新撰組の核だった近藤勇や土方歳三は多摩(徳川の直轄地)の出身ですから徳川への忠誠心は下手な藩より高いんです。

新撰組にすれば攘夷を実行するのは幕府であり、自分達はその時には先駆けたいと思えばこそ、同じ攘夷思想の浪士と戦えたのではないかと。

長州や薩摩は自分達が幕府に代わり実権を握ってさら攘夷を実行したい、つまりは誰が権力を持っているかの違いだけが、彼らを分けたのだと思いますよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2011/3/1322:05:51

また「尊王派」とか「攘夷派」って二つに分かれていますよね?なのに「尊王攘夷」って…。言葉がどういう意味なのかがわからないんです。>
尊王とは天皇を尊ぶことです。攘夷とは外国人、異人を日本から追い出すことです。で、その当時孝明天皇は攘夷派だったのです。そのため、尊王と攘夷が結びつき尊皇攘夷になりました。これが過激になると尊皇攘夷倒幕となります。

新撰組はもともと攘夷賛成でしたよね?
なのになぜ攘夷志士という人達と対立しているの??>
新撰組は攘夷派です。ですが、攘夷派は攘夷派でも尊王攘夷ではなく佐幕攘夷です。一般的に攘夷志士というのは攘夷ができない幕府なんて滅びてしまえ!という倒幕派のことを指します。そのため倒幕派の取り締まりをしていた新選組とは必然的に対立することになります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nephew490911さん

2011/3/1305:31:29

尊皇攘夷とは申せ当時の人々によって攘夷の思想が違うので、当然活動も変わって来ます。


長州藩など異人達を日本から完全に追い払い、その為には異人達を斬り捨てる事も辞さない(過激派)思想が「大攘夷派」そのため、アメリカと不当な条約を結んだ幕府が許せず、倒幕の道を選びます。

次に勝海舟や坂本龍馬など、勝ち目のない異国との戦争を避けるため、異国の技術を吸収し、いづれ異国と対等な国にしようという富国主義が「中攘夷」です。


新撰組にスポットを当てますと、彼らは先述した、過激な攘夷派が倒幕を目論み京都での不定の行動(テロに近い)を戒めるため、
当時の幕府から京都守護職を賜った会津藩主松平容保が浪士達を募り結成された言わば治安維持隊です。


仕事のなかった浪士達からすれば、同じ攘夷派とは言え、幕府の権勢を脅かす過激な輩を一掃する大義名分を守る為に戦ったと言えます。


補足ですが、一番中途半端だったのは山内容堂を主とした土佐藩で彼は尊皇派についたり、攘夷派についたりで、戦況に応じて思想を変えた「半端攘夷」です。
坂本龍馬を輩出した様な事を述べてますが、彼は脱藩して維新活動したことをお忘れなく!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する