ここから本文です

交感神経と副交感神経の切り替えについて。

質問者

bocle_mthf555ilaaalさん

2011/7/3116:21:38

交感神経と副交感神経の切り替えについて。

僕は体を動かしている最中に眠くなることがあります。

これはかなり練習に支障をきたすので、なぜそうなるのか考えたのですが、
交感神経と副交感神経絡みかな、という考えに行き着きました。

学校で習った知識によれば、

交感神経と副交感神経がそれぞれどういう働きか、
またどんな体の働きを支配するのかはわかったのですが、

どういうきっかけで両者は切り替わることができるのか教えていただきたいです。
特に、副交感神経から交感神経へのスイッチのほうがしりたいです。


一応、自分の経験から考察したのはこうです。

学校で集中して受けたあと、どっと眠気が出てきたことがあります。
このことから、交感神経はある一定時間優勢になると、その直後副交感神経に切り替わる、
と考えます。

浅はかな想定ですが、これが正しいのかも示していただければありがたいです。

補足ー訂正ー学校で集中して授業を受けたあと、どっと眠気が出てきたことがあります。です。

閲覧数:
3,604
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wyddt840さん

2011/7/3122:26:12

眠気は大脳の極度の疲労からも発生します。難しい方程式を解くことなども大脳の疲労に関係し、その結果、眠気が襲う事もあります。

一方、交感神経と副交感神経は体内時計によって切り替わりますが、排尿でも両者の神経が分担して行われます。排尿の開始は交感神経が誘導しますが、排尿の停止は副交感神経が誘導します。

夜行性動物以外は、体内時計は日没頃に交感神経を休息させ副交感神経を優位にさせ体を休息させようとします。夜明け頃に周囲が明るくなると(最も効果的な方法は太陽光を浴びる事)交感神経を優位にさせ体を活動的にします。

体内時計の鍵を握っている脳の器官は松果体です。この器官はメラトニンという脳内ホルモンを利用して睡眠を始めとする体内リズムを調整する作用を行っています。

また、夜眠る時間に激しい運動をしたり、入浴をすると交感神経が優位となり寝付きが悪くなります。入浴は早い時間に済ませる事が熟睡につながります。

◆まとめ

交感神経…自律神経の内、体を仕事や勉強に適した体制に誘導して活動的にする神経です。

副交感神経…自律神経の内、体を休息させるための神経です。

睡眠…大脳を休息させる唯一の手段です。

以上

pour:http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/bocle_mthf555ilaaal

qasiqoti

質問した人からのコメント

2011/8/5 11:51:21

ありがとうございました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する