ここから本文です

解決済みのQ&A

書籍のサイズでA4版、B5版などがありますが、「B5変型版」というのも あるようです...

gocchan34さん

書籍のサイズでA4版、B5版などがありますが、「B5変型版」というのも
あるようです。これは「B5変型」という決まった大きさがあるのか、
それとも「変型」というとおり、書籍によってバラバラでだいたいB5の大きさ、
ということなのか、どっちでしょうか?

  • 質問日時:
    2005/12/6 14:43:41
  • 解決日時:
    2005/12/13 08:57:29
  • 閲覧数:
    9,552
    回答数:
    1

ベストアンサーに選ばれた回答

akkita_gさん

書籍のサイズには規格寸法があり、A4版(グラフ誌)、A5版(書籍)、A6版(文庫本)、B6版(書籍) 等があります。
これらの規格と違うものがいわゆる変型版になります。
変型版でも、新書版(B判40枚取り)、四六版(約126mm×186mm、単行本)、菊版 (約150mm×220mm 学術書など)、
AB版・ワイド版(210mm×257mm、婦人雑誌など)等は、よく目にすることができます。
A4変型版とかB5変型版 等は、A4版・B5版をベースに正方形とかオリジナルサイズに裁断製本したものを言います。
http://www.h5.dion.ne.jp/~kenbundo/mame_body.html

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する