ここから本文です

解決済みのQ&A

電線についての質問です。 単線とヨリ線の違いとはなんでしょうか? また電線に...

satorufigureさん

電線についての質問です。


単線とヨリ線の違いとはなんでしょうか?

また電線にも色々種類があると思いますが、(IV線やVV線等)

これらにも違いはあるのでしょうか?


全くの素人なのですいません。

  • 質問日時:
    2011/9/27 22:37:27
    ケータイからの投稿
  • 解決日時:
    2011/9/28 07:49:37
  • 閲覧数:
    7,234
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

xxx_bluetrain_xxxさん

単線とより線の大きな違いは、一本の銅線で作られた電線なのか?複数の銅線(当然一本の銅線より細くしてある。)を撚って作られた電線であるのか?と言う事です。
同程度の大きさの電線(被服付の大きさで同程度の太さでも)、電線の容量は一本の銅線で作られた電線の方が、より多くの電流を流す事が許されていて(電気設備技術基準による)、実際に許容電流(流しても安全と認められる電流)も単線の方が大きいのです。
ですが、ヨリ線のメリットは多少の曲げにも強い事が一番のメリットです。
常時屈曲があるような所では単線は直ぐに切れてしまって使い物にならないのです。
VVFやVAと言われるような物は単線になります。
対して、1CTや2PNCT、VCTなどは被服こそ、ゴムとビニールで異なりますが、どれもがヨリ線である事は間違いありません。
単線のメリットもありますが、実際の現場では単線は屋内配線程度でしか実際使われていません。振動があったり屈曲があったりする場所ではヨリ線がつかわれていますが、電線は必要ですし、そういった場所の方が多いかもしれません。

質問した人からのお礼

  • 成功分かりやすい説明ありがとうございます。
  • コメント日時:2011/9/28 07:49:37

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

cv6cv6cv6さん

素人さんらしいので解り易く書いてみますネ


単線とヨリ線の違い

単線は銅線が1本です・・・長所:電線の太さ(被覆を含む)が同じなら、ヨリ線よりも電流を流す効率いいです
短所:繰り返し、曲がりに弱いです。

ヨリ線は複数の銅線で出来ています・・・長所・短所は単線の逆と思えば間違いありません
ちなみに、ヨリ線にも種類があり繰り返し曲がりの多い状況で使用する場合ほどヨリ 銅線の本数の多く、細くすることで曲がりに強くします。

銅線が細いほど、しなやかになります。
本数が多いほど、電気を流す効率が悪化する。・・・単線と同じ効率が必要ならば全体の太さが太くなってしまいます

※効率と強度で選択が必要となりますネ


IV線やVV線等これらにも違いはあるのでしょうか?

家電ではコンセントから電源をとる電線は通常2本(接地と非接地)で使用しますよね・・・そのまま状態がVV線
VV線を中央で割いた片方の電線がIV線。・・・という感じです。
実際は単線ですが。


ちょっと強引かな?(笑)

  • 違反報告
  • 編集日時:2011/9/28 00:47:36
  • 回答日時:2011/9/28 00:29:27

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する