ここから本文です

解決済みのQ&A

敷金の利息について

takesi1024さん

敷金の利息について

敷金について

敷金をグループ会社Aに
立替て支払ってもらい、
そのグループ会社Aから、敷金に対する
金利を請求されています。
(例:100,000円 X2% )

上記のケースの場合、下記仕訳で正しいのでしょうか??
金銭の借用に対して、支払利息とするのはわかるのですが。
敷金(立て替えたもらった)に対しても、支払利息と
仕訳をきっても問題ないのでしょうか?

何か参考になるサイトがあれば教えてください。


(借)支払利息 XXX (貸)現金XXX

  • 質問日時:
    2011/10/25 23:05:13
  • 解決日時:
    2011/10/27 22:02:07
  • 閲覧数:
    871
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

yagoichiさん

敷金の立て替えではなく、敷金相当額の貸し付けという処理をされているようですね。
金銭消費貸借契約書は交わしてますか?
書類不備だと支払利息となっても、税務署に否認されることがありますのでご注意ください。

敷金ですが、その元となる建物賃貸借契約の契約者はあなたの会社だと思いますが間違いないですか?
退去時の敷金精算および返金を受けるのがあなたの会社なのかどうかでも処理が変わってきます。

敷金支払時の仕訳は下記形になります。

敷金 XXX / 借入金(長期?短期?…金銭消費貸借契約書によります) XXX
合ってますか?

そうであれば、質問に書かれた仕訳であれば正しい処理になります。

通常、敷金は建物賃貸借契約の期間を考えますと固定負債となるかと思いますが、その辺は金銭消費貸借契約の内容次第になります(退去とか関係なく、1年以内に返済するなら流動負債)

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

t22102137さん

どんなものでも金利が付けば利息である事には間違いは有りませんが、立替金なら支払えは済むことでしょう。初めの処理が間違っているのでしょう。その例で行くと、他の項目でも利息が付き、内部利益になってしまいますね。実際の企業ではしませんね。

  • 違反報告
  • 編集日時:2011/10/26 05:30:09
  • 回答日時:2011/10/26 05:25:19

sengoku888888888さん

貴社の貸借対照表には、借方に敷金が計上されるとともに貸方にグループ会社Aに対する借入金が計上されるわけですから、その利息はグループ会社Aに対する借入金の利息として支払ったわけですよね。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する