ここから本文です

安全衛生委員会の構成について

umw10003212さん

2011/12/1507:37:58

安全衛生委員会の構成について

安全衛生委員会の構成について、教えてください。

産業医の立場について知りたいのですが、会社側と従業員側が半々なのはわかるのですが、産業医は中立的な立場だとおもっています。現在当社の産業医は、会社側での人数のカウントで従業員との人数をバランスをとっています。
今後これを変更して産業医は別枠(会社側とは従業員側とかではなく中立的な立場)にすることは出来ないのでしょうか?
そのようにすると人数バランスの関係で採決が取れなくなるから駄目なのでしょうか?
また、中立的な立場で会社側の人数としてカウントすることになっているのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

補足fdaergraさん 早速の回答有難うございます。

会社と従業員側とで意見がわかれた場合に議長が決することになるので会社と従業員が半々になっていると思いますが、御社の場合の産業医が別枠ですと、採決時に同数でになる場合が発生すると思いますが、どのようにされているのでしょうか?
あるいは、産業医はあくまでも中立的な立場として、会社側としての人数のカウントをしているのでしょうか?

閲覧数:
12,731
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

isoguide51さん

編集あり2011/12/1706:55:17

まず、安全衛生委員会の位置づけを整理しましょう。

安全衛生委員会とは、あくまでも調査審議を行い、事業者に対し意見を述べるためのものです。
採決云々にこだわってしまうと、本来の趣旨から外れてしまいます。

安全衛生に関する事項の決定権は、事業者にあります。
このため、ある議題に対して、事業者側の委員は現状で可とし、組合側の委員は不十分とした場合、結論は採決するというより、その話し合いの結果を、そのまま委員会の審議の結果としてまとめればいいわけです。

産業医は委員の一員であり、どちらかの立場に立って意見を述べる必要はないわけです。

ちなみに、組合側の委員は「推薦」に基づき指名するものなので、組合側が総務部長を委員に推薦したりすることも、理論上は可能です。
また安衛法第17条第5項で、労働協約で特段の定めを設けることで、そのバランスを調整することもできることが定められています。

このあたりの規制を整理されることをお勧めします。

12月18日 追記
現役の産業医の方の回答も拝見しました。
「会社側の産業医」という言い方は、誤解を招きますね。
あくまでも、労働衛生管理について専門の知識を持つ委員であることを、強調すべきですね。
こちらも、勉強になりました。
回答の言い回しも、修正しました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

i2penpenさん

2011/12/1613:40:09

嘱託産業医をしている者です。

質問者様の仰るとおり、産業医は中立ですので、労働者側にも会社側にも入れるべきでは無いと思います。
(産業医としても、どちらに入れられても困ります...)

以下にその理由を記載します。

(安全)衛生委員会の委員構成については労働安全衛生法18条2項・3項に記載があります。簡単にまとめますと、
(1)総括安全衛生管理者
(2)衛生管理者から事業者が指名した者
(3)産業医のうちから事業者が指名した者
(4)労働者(衛生に関する経験を有する者で事業者が指名した者)
(5)作業環境測定士
人数は、(1)が1人で、(2)~(5)の委員のうちその半数については、労働者側という条件が付いています。
ただし、この委員構成の縛りは安衛法18条4項(実質的には17条5項)により、労働協約があれば適応されません。

「労働者側」という言葉を詳細にみますと、「当該事業所に労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、ないときは労働者の過半数を代表する者の推薦に基づき指名しなければならない」とあります。つまり、厳密には「労働者側」=「労働組合員である」必要はありません。

この条文をそのまま当てはめると、労働組合が産業医を推薦し、事業者が指名した場合には産業医は「労働者側」としてカウントされます。
逆に、労働組合が産業医を推薦せずに事業者が産業医を指名しただけの場合は、産業医は「労働者側」とカウントされません。だからといって、会社側にカウントされるかというとそうではありません。

産業医の倫理綱領の1.5に次のような文章があります。
http://www.jil.go.jp/kisya/kijun/20000714_01_k/20000714_01_k_sankou...
「産業医は産業医学の専門家として、常に独立性を保持しなければならない。これは労働者側と経営側の両方に責任を持つことを意味することに留意すべきである。どちらか一方に偏った立場をとったり、両者に無責任であってはならない」
ですので、産業医は中立である、というとらえ方をしていただけると産業医としては助かります。

労使が完全に同数になってしまったときの採決についてですが、私が嘱託産業医として働いている複数の会社では、労使間で合意出来ない事項については、継続審議としています。いつまで経っても解決しない事項はいままでありませんでした。
もし、長期間にわたり解決しない問題があれば、委員外の社員や社外の専門家を呼び、意見を聞いて再度採決するというような規約があります。

この採決をどうするかという問題については、業種や会社文化といったものに左右されるかと思いますので、実態に合わせて検討された方が良いと思います。

簡単ですが、質問者様の参考になればと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fdaergraさん

編集あり2011/12/1517:07:51

補足にレスをする形で返信ができないようなので、最初の回答を編集する形で補足に返信させて頂きます。

まず先程私が回答した内容ですが、調べてみると、安全衛生委員会のメンバー構成には産業医が含まれていなければ
ならず、弊社の組織図も再確認したところ、「安全衛生管理組織図」という、弊社独自の組織図と「安全衛生委員会組織図」
2つの組織図が有り、後者の「安全衛生委員会組織図」を見たところ、「安全衛生委員会組織図」の会社側に産業医の名がありました。
先程はよく確認もせず、いい加減な回答をしてしまい申し訳ありません。衛生管理者のくせに恥ずかしい限りです。

厚生労働省のHPを確認したところ、下記のPDFを見つけました。

http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/0902-...

2枚目の表の下にある※印に、『半数については労働者の過半数で組織する労働組合~』とありますので
半数は労働組合員(または労働者の過半数を代表する者の推薦者)と言う事になり、産業医は労働組合員では
ありません。しかし、だからと言って、会社側になる訳でも無いように思います。やはり『産業医は中立』と私は考えます。
組合5:会社4:産業医1。みたいな解釈で良いのではないかと。
※「会社側も半数でなければいけない」とは書いてありません。


もし、産業医が、医者の本分を逸脱し、あまりに会社よりな医師であれば、組合で「産業医の交代」を提案
してみては如何でしょうか。

結局明確な回答ができなくて申し訳ないですが、一意見としてご参考頂ければ幸いです。





中小企業で衛生管理者をしている者です。
うちの場合だけかも知れないですが、うちの安全衛生委員会組織図を見ると
中立的と言うより、会社側の相談役といったポジションです。
って事で、会社側の人間としてカウントするような事はうちの会社では無いですよ。


「中立的」と言うのは「医者として、間違った意見を言わない」と言う意味での中立では無いでしょうか?。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する