ここから本文です

PCの「速度」は、CPUのクロック周波数で早さが決まるのですか?

belle_epoque_2008さん

2012/1/2822:09:46

PCの「速度」は、CPUのクロック周波数で早さが決まるのですか?

会社のPCが遅くて辟易しているのですが、スペックを見たところCPUはINTEL:Celeron(2.5ghzくらい)、メモリ2GBとなっていました。

しかし、先日購入した私のPCはCPUがINTEL:i5(2.53ghz)で周波数は大差ないにも関わらず、会社のPCより桁違いに速い気がします。
メモリは8GBまで増強していますが、平常時のエクセルデータの計算などでも速度が大きく違うと感じます。

ネットで調べると「周波数=速度」と思ってほぼ間違いないなんて書いてありますが、10年近く前のCPUであるCELERONとほぼ最新のCPUのi5とで周波数が同じなら速度にも差が無いというのは本当なのでしょうか。

ご存知の方、ご教授ください。

閲覧数:
23,713
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mamupark1995さん

2012/1/2822:27:45

CPUの性能は以下の部分で決まってきます。
・クロック周波数
・コア数

クロック数というのは、○GHzという奴ですね。
単純に、これが高ければ高いほど性能が良いです。
(ただし例外有り)
1GHzに比べれば、2GHzの方が性能が良いですし、
2GHzに比べれば、3GHzの方が性能が良いです。

コア数というのは、そのクロック数のCPUが、
いくつも並べられていると考えてもらえば結構です。
シングルコア、デュアルコア、クアッドコアなどがあり、
シングルはコア数が1つ、デュアルは2つ、クアッドは4つです。
コア数が多いほど、作業を分散する事が出来ます。
よって、コア数が多ければ多いほど処理能力が早くなります。
ちなみに社のPCは恐らくシングルコア、
自宅のi5はクアッドコアでしょう。
4倍とまではいきませんが、2倍程度の差があります。

人に例えるとすれば
・クロック数は、その人のかしこさ(作業効率)
・コア数が、それと同じ頭の人が何人いるか
と言ったところでしょうか。
どっちも重要という事です。


また、メモリも結構重要で、これが少ないと、処理が遅くなります。
簡単に言えば机のような物で、一時的にデータを保存しておく場所です。
机が広ければ広いほど、一度に沢山の事が出来ます。


CPUの性能ですが、10年前のCPUと今のCPUでは、
たとえ同じ周波数、同じコア数だったとしても、性能に若干の差があります。

本当に極わずかな差です。
数百MHz程度差があるかどうかだと思います。

メモリの性能云々を差し引いても、やはりある程度はありますね。
まぁ、それほど気にならない程度の差なんですけど。

質問した人からのコメント

2012/2/4 15:02:06

成功 非常に良く分かりました!
ありがとうございまず♪

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

abc_mmm_xyzさん

2012/1/2823:18:32

ふたつのCPUの世代が同じ場合、コア数と周波数で性能が決まります。

しかし、世代が違うと、同じ周波数でも性能は大きく変わります。

いまのCPUは命令を分解して別の命令に変換しています。
周波数は、変換後の命令を1秒間に何回実行できるかを表します。

たとえばひとつの命令を2つに分解した場合と、4つに分解では、同じ周波数のCPUでも実行速度は倍違いますよね。

他にも順番を入れ替えて実行したり、ものすごく複雑な事をしています。

昔、Pentium4というCPUがあったのですが、5GHz近い周波数で動いていました。
しかし、いまのCPUに比べたらずいぶん遅かったんです。

というわけで、世代が変わると同じ周波数でも実行速度は変わります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nycqp029さん

2012/1/2823:09:06

10年前のCPUでは1コアです←脳が1つ周波数は大差ないでも1人で考えて動かしている。
現在
i5ではCPU1コ内に5個の【脳が5個】有り←同レベル人が5人で考えてそれぞれ協力してPCを動かしている。
―――――
※メモリの増設により【外部デ―タ―取り入れ量】が多くても【脳が5個】有る事により分担作業の協力によりPCの作動が速くできます。
参考まで

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2012/1/2823:07:29

CPUのクロック数は、1秒当たりで「データを処理する回数」と思ってください。
当然処理する回数が多ければ、処理速度は上がります。
ですので質問者様の考えはあらがち間違いではありません。
ですが、もしこの処理回数が多少少なくても、それ以上に1回当たりに大量のデータを処理できるとするなら、そちらの方が性能がいいといえるでしょう。

CPUはひたすらクロック数を上げて高性能にすることも行われましたが、それにも限界が見えました。
マシンは結局は電気で動いているので、ひたすらクロック数を上げていくと熱もガンガン出てくるようになりました。当然機械ですから壊れかねません。
そこでクロック数はある程度抑えて、代わりに一度に大量の処理ができるものを作っていこうと路線が変わっていきました。これが現在の考え方です。
そうすることで発熱は抑えられ、その熱の元である電力も抑えられました。

現在のCPUは、「コア」と呼ばれるCPUの実際に演算を行う部分が複数あるもの(2個や4個、ものによっては6個、さらに仮想的なものを含めるとその倍)が主流となっています。これはひとつの処理を複数のコアが分担して計算し、1回当たりの処理性能を一気に上げることに貢献しています。
「デュアルコアプロセッサ」とか言う単語をチラッと聞いたことがあるかと思いますが、これはコアが2つあるということを表しています。
マルチコアCPUの代表的なものがcore-2シリーズやcore-iシリーズです。

コア数が違ったり、そもそもの製造メーカーや設計が異なるCPU、シリーズの違うCPUなどは、クロック数での比較はできないものと思ってください。上に述べたような根本的な部分に差があるためです。
逆に、同メーカー、同シリーズ、同コア数のCPUでの比較なら、クロック数で比較することが可能な場合もあります。これは同シリーズのCPUでも、マイナーチェンジと言った感じの改良は日々施されて販売されていますが、このような基本的な部分の差はほとんどないものなら比較もできるのです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2012/1/2822:17:31

周波数=速度は間違えではありません。
でもCPUの速度はそれだけで決まるものではありません。
アーキテクチャという言葉で検索してみると良いかもしれません。
さらに言えば、PCの速度もCPUだけで決まるものではありません。
HDDやメモリ動作速度、グラフィック性能など、古いPCに比べたらどれも性能は向上しています。
CPUのクロック数に気付いて比較しても、古いPCと新しいPCが同じ速度のはずがありません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する