ここから本文です

解決済みのQ&A

介護職の勉強中です。 今回は「サ高住」について聞きたいです。

daisuke_summerさん

介護職の勉強中です。

今回は「サ高住」について聞きたいです。

「サービス付高齢者向け住宅」(サ高住)とは、既存の「高齢者円滑入居賃貸住宅」(高円賃)、「高齢者専用賃貸住宅」(高専賃)、「高齢者向け優良賃貸住宅」(高優賃)を廃止し、これらの制度面で複雑な点を統一した高齢者住宅だそうですが、それぞれの違いを簡単に教えてください。

宜しくお願いします。

  • 質問日時:
    2012/3/12 17:47:27
  • 解決日時:
    2012/3/27 07:14:43
  • 閲覧数:
    1,639
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

diderot_dさん

高円賃
高齢者が円滑に入居できる(年齢を理由に入居を拒否しない・高専賃を含む)

高専賃
入居対象が高齢者(高優賃を含む)

高優賃
入居対象が高齢者であり、構造・管理・契約等一定の条件あり

「高円賃」と、「高専賃・高優賃」の違いは明確でしたが、「高専賃」と「高優賃」との違いは、高専賃に「適合高専賃」というものもあり、実質的に不明確でした。
「高齢者の居住の安定確保に関する法律」の改正により、これらを一本化したものが「サービス付き高齢者向け住宅」です。

サ付き住宅
・加齢に対応したバリアフリー構造
・一定以上の面積と設備
・安否確認・生活相談などの見守りサービス
以上の条件は高優賃、適合高専賃が備えているものでしたが、基準が改まっています。

上記全てに言えることは、どれも介護施設ではなく、賃貸住宅であるという事です。
つまり、「介護」に関するサービスは基準に入っていません。
実際には介護施設のようにみえるケースもありますが、外部や併設した事業所のサービスを入居者が個別に契約し、利用するという形になっています。
併設というのは、マンションの1階にコンビニが入っているようなものですね。
家賃・管理費に、コンビニでの買い物代は入っていません。使う使わないは個人の自由というわけです。

介護職の勉強中とのことですので、老人福祉法における有料老人ホームの規定についても、合わせて学習することをお勧めします。

  • 違反報告
  • 編集日時:2012/3/18 11:56:58
  • 回答日時:2012/3/18 11:42:40

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

kawaguchi777ryoutaさん

高円賃
一般の方も入居しているが、高齢者のかたも積極的に入居を受けている。建物に基準はなし

高専賃
高齢者を専用に入居を受けている。建物に基準なし

高優賃
高齢者を専用に入居を受けている。建物に基準あり。
サ高住
60才以上の方が対象で、建物に基準があり、食事の提供や法定人員が必要となった。ざっくりこんな感じだったと思います。

以前は高専賃と言っても50代の方が入居していたり、サービスの内容が不透明だったりと、わかりずらかったので、サ高住に、明確な基準を設けたわけです



  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2012/3/13 23:57:36

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する