ここから本文です

解決済みのQ&A

鬼灯の冷徹のキャラクター?の小野篁についてなんでもいいので知っていたら教えて...

tabu519さん

鬼灯の冷徹のキャラクター?の小野篁についてなんでもいいので知っていたら教えてください!

小野篁っていう名前は何度も聞いたことがあるのですが、一体何話にでてくるのですか??

補足
十王のうちの一人に仕えていたあの人ですか??
  • 質問日時:
    2012/4/3 16:06:57
  • 解決日時:
    2012/4/9 22:58:34
  • 閲覧数:
    1,138
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

mchrinbさん

こんにちは。
小野篁という人物についてはaq138dさんの回答を参考にして下さい。

『鬼灯の冷徹』では、本誌にはたまに出てきますが、小野篁が紹介されるのは41話なので、5月に発売予定の5巻にも出てこないようなので、単行本に載るのはまだちょっと先ですね。



ネタバレになりますが、姿は単行本でも既に出てきてますよ。


-------
そうですね、秦広王に仕えていたあの人です。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 編集日時:2012/4/4 17:22:27
  • 回答日時:2012/4/3 23:50:03

質問した人からのお礼

  • 降参ありがとうございます!やはりあの人でしたか
  • コメント日時:2012/4/9 22:58:34

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

aq138dさん

四巻の段階では小野篁は出てないのでわかりませんが
本誌に出たんでしょうね。
何話に出たのかは本誌を読んでないので分からないです。ごめんなさい。

小野篁について
小野篁は遣隋使を務めた小野妹子の子孫で、父は小野岑守。孫に三蹟の一人小野道風がいる。
若年の頃、父に従って陸奥国へ赴き、弓馬をよくしたが、嵯峨天皇の言葉に触れて発奮し学業に励んだとされる。弘仁13年(822年)文章生に補せられ、大内記・蔵人を経て、天長9年(832年)従五位下に叙せられた。翌天長10年に仁明天皇が即位し、淳和上皇の皇子恒貞親王が皇太子になると、東宮学士に任ぜられた。

承和元年(834年)、遣唐副使に任ぜられるが、承和5年(838年)に正使藤原常嗣の専断に憤慨しいさかいを起こし、病気と称して乗船を拒否(遣唐使は篁を残して同年6月渡海)する。さらに、「西道謡」という朝廷を批判する詩を作ったため、嵯峨上皇の怒りを買い、官位剥奪の上隠岐への配流に処された。のち承和7年(840年)2月許されて帰京・本位に復す。

その後も蔵人頭・左中弁と要職を歴任。承和14年(847年)には参議として公卿に列した。仁寿2年12月(853年1月)従三位に叙せられるがまもなく薨じた。

『令義解』の編纂にも深く関与する等法理に明るく、政務能力に優れていた。一方で漢詩文では平安時代初期の三勅撰漢詩集の時代における屈指の詩人であり、『経国集』や『和漢朗詠集』にその作品が伝わっている。また和歌にも秀で、『古今和歌集』以下の勅撰和歌集に18首が入首している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E7%AF%81

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する