ここから本文です

解決済みのQ&A

防爆電気工事のケーブル配線工事施工方法

sissiruさん

防爆電気工事のケーブル配線工事施工方法

防爆電気工事ですべての入線部(防爆照明、防爆ジョイントボックス、防爆スイッチなど)にケーブルグランドを使用し機器内を密閉させれば電線管は薄鋼、厚鋼など問わずねじ無しカップリングで接続してもいいのでしょうか?

補足
回答ありがとうございます。
スイッチやJ・ボックス・防爆器具などは防爆工事対象エリア内に設置せざるを得ないため金属管工事(フィッチングなどを使用し何か?を充填する工事、全てねじあり接続)の場合、ねじ切りの手間や人工を考慮するとねじ無し配管ケーブル工事のほうが安上がりではないか?と考えた次第です。

たくさんの回答お願いします。
  • 質問日時:
    2012/4/21 11:03:15
  • 解決日時:
    2012/5/6 06:49:14
  • 閲覧数:
    7,512
    回答数:
    1

ベストアンサーに選ばれた回答

yoshino1200nさん

一般用ではなく、防爆用を使えば、問題ありません。
http://www.shimada-elec.co.jp/pdf/catalog/17/200703a.pdf

スイッチなんかは、支障なければ外へ出して、防爆ではなく一般の配線器具を
使うのがベター。
厚鋼で配管したほうが、安上がりの気もしますが?

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する