ここから本文です

大きなイメージサークルのレンズを小さなフォーマットに

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップロード写真

カテゴリマスター

質問者

zuiko_loverさん

2012/8/2506:10:52

大きなイメージサークルのレンズを小さなフォーマットに

70年代のカメラ雑誌を昔古本で買いました。ハッセルブラード用のツァイスレンズをニコンの一眼レフに付けるマウント変換アダプタが取り上げられていました。実写テストは惨憺たるものでした。大きなイメージサークルのレンズを小さなフォーマットのカメラに使っても良い結果は得られない。

考えてみれば引き伸ばし倍率が大きくなりますから、それだけ収差が拡大されます。大判や中判のレンズを小型カメラに使って改良されるのは周辺減光だけです。しかし一方で画面の中央部の画質(MTFや分解能)の良い部分だけを使うから良くなるという意見もあります。

中判の67判のネガを35ミリ判並みの倍率で引き伸ばしてみましたが、やっぱり35ミリ判ほど先鋭でありません。大きなイメージサークルを得るのに犠牲になるものがあるということでしょうか。中判用のレンズは諧調を重視し、分解能はそれほど重視しないのかもしれません。写真はネガの部分を拡大するものではなく、全体を見るものなのでしょう。

とすると35ミリサイズ用のレンズをAPSサイズのカメラに使った場合も同じにはなりませんか。小さなフォーマットには専用のレンズが必要と思います。皆さんはどう考えますか。ご意見をお聞かせください。

閲覧数:
2,317
回答数:
14
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

funoayumiさん

2012/8/2511:39:46

昔、おおらかな時代は余り解像度を重視してませんでした
本当はコーティング技術が発達してなかった為に作れなかったと言った方が良いのかも知れませんが…

さて、同じ大きさまで引き伸ばす事を考えると
35㎜から一般的な雑誌のサイズA4に伸ばす倍率と
同じく6×7から伸ばす倍率とは明らかに倍率が違う
多少解像度が低くても6×7からの方が有利なのは明白です。
そういった基準で作られている物を35㎜のカメラに付ければ結果は見えていますが…
35㎜フルサイズとAPS-Cとで倍率の差が6×7との比較ほど差は無いですから…
APS-C専用設計で多少解像度が上がっても実用上ではそんなに差を認められる物では有りません。

細かい事をごちゃごちゃと実用に即さないピクセル等倍とかで比較検討した
どこぞの、記事を鵜呑みにアレが良い、コレが悪いと…
無意味な比較をしてもしょうがないと思ったりもします。
フルサイズ用のレンズをAPS-Cで使うとレンズの美味しい部分だけ…
これは本当の事、大抵のレンズは周辺に行くほど色々な収差の補正が難しく成る
開放で撮ると周辺部の解像度が低かったり像の流れが出ていたり…
これも、普通に使っていて分からないのなら問題視しても意味は有りません。
2000万画素のカメラと500万画素のカメラでピクセル等倍にすれば差が誰でも分かるが…
ハガキサイズのプリントだったら
おじさんは、どっちでも良いと考えています。

35㎜カメラのフランジバックを基準に作ったレンズならば
歴然とした差を作るのは難しい。
多少の差の為にAPS-C専用のレンズで単焦点レンズのラインナップを揃える事に
メーカーはメリットを感じ無いと思います。
ユーザーも種類が増え選択肢が広がるのは良いかも知れませんが
多分出てきても、値段が安く成るとは思えませんし
増やした事による他製品の価格見直しで全体に高く成るのなら
デメリットが多い気がします。

質問した人からのコメント

2012/8/31 18:42:21

デジタルの135サイズとAPSサイズは同じフランジバックということをうっかりしていました。

photog_6666さん、RB用のCレンズです。C330用のレンズとも比較しました。結果はライカ判、RB用C、C330用の順でした。設計、製造の時期を考えたら当然ですね。マミヤの技術者の回顧録は「クラシックカメラ専科」の「マミヤのすべて」で読みました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2012/8/2718:15:55

まぁその程度の事から「大きなフォーマットの・・・」などと言っているとは思いましたが、、、

どんな回答が付くのか静観していましたが、ご自身が言っていた事が如何に頭の中だけでこねくり回した事か実感できましたか?
もう皆さんが散々回答されていますので細かな部分は言及しませんが、中判と35mmでは使い方が違います。
メーカーが何を重視して、販売可能なコストの内で何を捨てて何をとるかが大きく違ってきてしまうでしょう。
中判のフィルムを35mm判程度までトリミングして使うとか、マウントアダプターで35mmで使うとか、そういうのはイレギュラーな使い方です。
だから言いましたよね。「35mmと中判の話ではなく、フルサイズ用とAPS-C専用で同世代のレンズでフルサイズ用が劣ると"貴方が実際に見てどこにどういう風に感じたのか"を書かない限り無意味ですよ」と。
そもそもが「CanonにはAPS-C専用レンズのラインナップが少ないから勧めるべきではない」とか言う意味の分からない貴方の持論から始まった事だと思いますが、頭の中ではなく実際に使っている人はそんな不満は覚えていないのですよ。要望はあったとしても。

それに現在のフルサイズ用のレンズと言うのは、APS-C機での使用を当然見据えて設計されています。
多少設計の古いレンズも残ってはいますが、それで問題のあるようなレンズはさっさと更新されますよ。同じメーカーなんですから、似たような性能のレンズを作るのは難しくないでしょう。普通は簡単に分かりますよね?それくらい。

APS-C専用なら将来的にステップアップしたりフルサイズが価格低下して今のAPS-Cミドルクラスの価格で買えるようになったりしてもそちらで使えません。
もしも1D4などがAPS-Cでそれ専用のレンズを大量ラインナップしておいて、ユーザーがそれを買っているのに1Dxでフルサイズ化したらブーイングの嵐でしょう。Nikonユーザーは良く受け入れたと思いますよ。
まぁフィルム用にフルサイズのレンズもきちんと更新してきたから良かったのでしょうが、タイミング的にあと数年遅れていたらどうなっていた事かと思います。
それに製造ラインなどが増えれば余分なコストもかかります。
メーカーはその辺りも判断しながら、ユーザーにとって何がメリットとなって何が売れ、双方の利益に繋がるのかを考えているでしょう。貴方の浅知恵とは違います。
私が「初めからフルサイズの普及を見据えていたキヤノンと、それ以外のメーカーでは事情が違う」と言った意味がお分かりでしょうか?
もちろんだから他のメーカーがいけないとは言いません。貴方が言うような「APS-C専用レンズのラインナップが少ない事がCanonを勧めてはならない理由」にはならないと言うだけです。
貴方の理解が薄いままなのは構いませんが、初心者に変な妄言をすり込まないで下さいね。
実用上十分ならわざわざ専用設計にするメリットは薄い。そういう事ですよ。理解できますかね?


【air_batosaiさん】
デジタルでハレーションですか、、、
まぁ言葉の使い方は良いとして、レンズフレアが出やすいと言う事だと思いますが、フードはきちんとAPS-C用の画角に対応したものを使いましたか?

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2012/8/2601:21:46

ご意見ということですので、個人的見解を・・・。

>。大きなイメージサークルを得るのに犠牲になるものがあるということでしょうか。
この傾向はあると考えて良いのではないかと思います。
イメージサークルが大きくなればなるほどレンズ径も大きくなりますから、全体の精度を出すのは難しいのは工業系の常識から考えて想定できることと思います。
大きなフォーマットの全体としてみれば十分な性能であっても、過度のトリミングすればアラが目立つということではないかとおもいます。

>小さなフォーマットには専用のレンズが必要と思います。
従って、この結論は正しいように思います。
実際、35mm用、APS-C用、フォーサーズ用、メーカー独自のフォーマットサイズ用に専用化されたレンズが発売されています。
これは、カメラ本体サイズとのバランスという意味もあるとおもいますし、マウントの囲い込みの意味もあるとおもいますが、やはり専用化することでフォーマットに対して最適化出来るというのも意味としてあるとおもいます。

しかし、中判のレンズと35mmのレンズはサイズ的にかなり違いますが、APS-C用レンズと35mm用レンズはそれほど大きな違いはありません。
たぶん、精度管理的にはそれほど違いはないように思います。
であるなら、35mmとAPS-Cのサイズの場合は、イメージサークルの中央部を使える分、35mm用レンズの方が良い場合もありえると思います。
シグマはAPS-Cレンズのマウントだけ変えたようなフォーサーズ用レンズを何本か出していますが、APS-C用でも十分に4/3に使えるからだとおもいます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アップロード写真

カテゴリマスター

air_batosaiさん

2012/8/2600:34:57

どこに基準を持っていくかだろうねぇ・・・。

中版のレンズをフォーサーズやAPS-Cにつけたらそれは良い結果は得られないだろうね。さすがにイメージサークルが違いすぎるから。でも、135サイズ用の最新設計のレンズをAPS-Cに付けた場合、確かにAPS-C専用レンズよりも画質が良くなることはある。理由は簡単で、高級レンズの場合、だいたい4000万画素以上の解像力を狙って開発されているのに対し、APS-C用はそもそも高級レンズ自体、そう多く存在しないのだから。

逆にAPS-C専用で高級レンズを作ったらどうなるか・・・身近な例ではSonyがAPS-C専用のVario-Sonnarと、135センサー用のVario-Sonnarをリリースしているので比較したことあるけど、APS-Cで使用する場合はAPS-C専用の高級レンズの方が優れていた。特にハレーションが発生しにくいんだよね。

というわけで、専用レンズは必要です。ただし、低価格なレンズだけでは画質面で他のサイズのレンズを使っても劣るということもあるので、こればかりは何が良いというのは難しいですね。APS-C用の高級レンズなどが用意できれば良いのですが、商業的に成功しないのなら用意されないでしょうしね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アップロード写真

カテゴリマスター

photog_6666さん

編集あり2012/8/2719:32:23

皆さんのイメージサークル由来には、疑問が有ります。イメージサークルより、包括角度が重要な訳で35mmの標準焦点距離と中判の標準焦点距離で同じレンズ構成にして同じように努力して作ればそんなに違うレンズが出来る筈も無いですよ。

随分昔にカメラ雑誌にマミヤの技術者の記述でRB、プレス、C3系の話としてマミヤの中判はmmあたりの解像度基準で無く、フィルムの対角線長に対して35mmフィルムの解像度相当で開発、コストダウンしていた。もっと、良いレンズは作れたのに残念だと。
この事は、マミヤだけでは無く、他の国内メーカーも似たようなものだったのだろうと想像します。そして、80年代に入り、各社がレンズの見直しを行い、今の性能に近いレンズが出てきました。RBはCから、KL、ブロニカは、Sから、PS、ペンタ67は、タクマーから、ペンタックスへ。これは、MTF重視へ変更されたと同時に解像度も相当に良くなりました。
実際、この変更をリアルに経験し、やっとまともなレンズが中判で使えるようになったと感じた物です。とにかく、以前のレンズは、中判で使っていても甘いのが解るレンズが多かったからですね。まあ、今のレンズも全てが良いわけではなく、今風に言うなら、デジタル専用設計されてないので甘いとか、逆に専用設計されてないのに良いレンズというのは、有りますわね。結局、良いレンズも有るし、使えないレンズも有るわけで、大判・中判レンズ全体が悪いわけではないので私は、使っていますけど。

たとえば、RZ 65mm、110mm、125mm。ハッセルなら、120mm F5.6、135mm、ニッコールAMED120mm、フジノンA180mm、マミヤ645、80mm、ブロニカSQ用110mmF4.5とか最新ペンタ645レンズ群などフルサイズ/APS-Cで普通に写ると思いますが。

どうなんでしょうね。デジタル専用設計された最近のレンズでEF24mm、28mmF2.8やニッコール28mmF1.8や50mmF1.8G等有るじゃないですかあの類のレンズと比べるのは、可哀想と思いませんか?・・・だいたい、同じようなレンズ構成とレンズ枚数とで比べないと収差補正にも限度は有るでしょうからね。ニッコール50mmF1.8なんて6枚が1枚増えただけであれだけ良くなるわけです。マミヤ645の80mmは、6枚でニッコール85mmのGは、9枚玉です。そんな条件での比較はズルイでしょう。
小さなフォーマットに専用レンズが必要だという事は賛同します。APSーC一眼レフにダブルガウスタイプの標準レンズが作れないのは残念ですし、ミラーレスで対称型レンズが使えるのは、ありがたいと思っています。専用でなければレトロフォーカス設計で望遠レンズだとか訳のわからない無駄な使用方法になることも有りますからね。フルサイズ、APS-C以下と小型フォーマットのレンズは、解像度重視で作るしか方向性が無いから、面白くも無いレンズ群になるんだろうとは思いますが中判大判レンズを一絡げにするのは、可笑しい話ですね。


質問者様は、67のどんな世代のなんのレンズを使われたのでしょうか?是非、その部分が知りたいと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

turuta_manさん

2012/8/2511:54:01

ご意見ということですので、個人的見解を・・・。

>。大きなイメージサークルを得るのに犠牲になるものがあるということでしょうか。
この傾向はあると考えて良いのではないかと思います。
イメージサークルが大きくなればなるほどレンズ径も大きくなりますから、全体の精度を出すのは難しいのは工業系の常識から考えて想定できることと思います。
大きなフォーマットの全体としてみれば十分な性能であっても、過度のトリミングすればアラが目立つということではないかとおもいます。

>小さなフォーマットには専用のレンズが必要と思います。
従って、この結論は正しいように思います。
実際、35mm用、APS-C用、フォーサーズ用、メーカー独自のフォーマットサイズ用に専用化されたレンズが発売されています。
これは、カメラ本体サイズとのバランスという意味もあるとおもいますし、マウントの囲い込みの意味もあるとおもいますが、やはり専用化することでフォーマットに対して最適化出来るというのも意味としてあるとおもいます。

しかし、中判のレンズと35mmのレンズはサイズ的にかなり違いますが、APS-C用レンズと35mm用レンズはそれほど大きな違いはありません。
たぶん、精度管理的にはそれほど違いはないように思います。
であるなら、35mmとAPS-Cのサイズの場合は、イメージサークルの中央部を使える分、35mm用レンズの方が良い場合もありえると思います。
シグマはAPS-Cレンズのマウントだけ変えたようなフォーサーズ用レンズを何本か出していますが、APS-C用でも十分に4/3に使えるからだとおもいます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する