ここから本文です

ベッドパッド、敷きパッド、シーツについて教えてください。 現在もベッドなんで...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

yuta6002さん

2012/10/415:49:32

ベッドパッド、敷きパッド、シーツについて教えてください。
現在もベッドなんですが、マットレスにシーツを敷いて、その上に夏はパイル地冬はボア素材のパッドを上に敷いて寝ています。

ですが、色々調べているとマットレス→パッド→シーツの順番が正しいそうです。
そこで疑問がいくつかあるので教えてください。

①ベッドパッドと敷きパッドに違いはあるのか。
②冬はあったかいボア素材で寝たいのですが、シーツを敷いてしまうと肌触りが冷たいですよね?じゃあボア素材のパッドは何の為に売っているのか。
③パッド→シーツ→ボア素材のパッドにするべきなのか。(敷きすぎで洗濯大変ですよね)
④シーツは何の為に必要なのか。(パッドは汗がマットレスにしみこむのを防ぐ為だと分かったのですが、パッドの上に直で寝るのはNGなんですか?シーツは見た目の為なのかマットレスを汚れから守るためなのか)

脚付きマットレスベッドを購入するので、ついでに寝具も一式揃えたいと思っています。
この機会にきちんと機能を理解したうえで購入したいと思い質問させていただきました。
答えられる質問だけでも構わないので教えてください。

閲覧数:
7,529
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

arunenokazeさん

編集あり2012/10/418:48:31

◆少し分かり難いと思いましたので書き換えています◆
ベッドパッドと、敷パッドでは目的が違います。
本来の「ベッドメイキング」の観点から考えますと
質問者さんも、記載されている通りの・・・
『マットレス→ベッドパッド→シーツ』です。
敷パッドと言うのは、最近になって流行って来た物で
正式なベッドメイキングには、使用しませんし
日本独特の物だと思います。
海外では見かけた事が有りません。

使用の場合には、上記のベッドメイキングをした
その一番上に敷きます。
つまり『マットレス→ベッドパッド→シーツ→敷パッド』です。

①ベッドパッドの本来の目的は、洗濯が出来ないマットレスを
『保護する事』が主な目的です。
その他の目的としては、
スプリングマットレスの『スプリングが、直に当たる不快感を防ぐ』
役目も担います。
敷パッドは、『就寝時の体温調節の目的』が主です。
夏なら「冷感素材」、冬なら「暖かい素材」ですね?

②は、①に回答していますが、一番上に敷くので
解決すると思います。

③については、体温調節が目的なので・・その順になります。
一番上で、直接肌に触れる物が「ボアの敷パッド」では無いと
意味が有りませんね?
洗濯は通常、一番上の敷パッドには汗を吸う役目も
兼ね備えている物が多いので、直接肌にあたる
敷パッドだけを、まめに洗濯・・・で良いと思いますヨ。

④については、「シーツ」の役目はマットレスとベッドパッドの
ズレを防ぎ、見た目を美しく整えて肌に触れる部分を清潔に
保つ意味が有ります。
敷パッドの四隅に、ゴムが有りシーツの役目も兼ね備えて
いる物が有ります。この場合には本来はシーツ兼用なので
更にシーツを、その下に敷いて置く事は不要・・・と
ベッド専門店で、過去にアドバイスを受けた事が有りますが
我が家では、ベッドマットレスの保護と見た目も重視して
『マットレス→ベッドパッド→ボックスシーツ→敷パッド』の順で
使用しています。

因みに、『一体型ボックスシーツ』という物も
最近良く見かけます。
これは、形状はボックスシーツで素材が敷パッドの様に
夏用なら冷感素材で、冬なら暖かい素材になっています。
これを使用なら『マットレス→ベッドパッド→一体型ボックスシーツ』
で、良いですね。

良かったら参考にして下さい(^^)

質問した人からのコメント

2012/10/4 22:31:26

感謝 私が知りたかった事を的確に答えてくださってありがとうございます。
スッキリしました。
ベッド購入の際に揃えたいと思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する