ここから本文です

引き寄せの法則の考え方

futagoza500さん

2013/2/2811:50:34

引き寄せの法則の考え方

私は現在、自分にあった就職を探しています。
人間関係でいつもつまずき、私が辞めざるをえなくなってしまうパターンです。
前向きになり、良いイメージを持ったりしているのですが、
ふと、嫌な思いをさせられた人や、裏切られた人の事を憎んでしまう自分がいます。
私にも原因があのは承知していますが、両成敗だとしても相手は、やったもの勝ちなのかとさえ
考えてしまいます。
悪い思考を持ちたくないのですが、こんな思いが浮かんだ時、どんな対処法すれば
良いでしょうか?
そして人を傷つけ裏切り、嫌な思いをさせた人は、やったもの勝ちなのでしょうか?
この思いをクリアーできないと、前に進めない気がしたので質問しました。
アドバイスお願い致します。

閲覧数:
305
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/2/2819:24:03

そうですね。
人間関係の恨みや憎しみ悔しさがあるといつまでも前に進めませんよね。
私もありました。今も蘇ってくるときはあります。

ふと嫌な思いをさせられた人や裏切られた人の事が蘇ってくるのは
あなたがその過去を手放しきれてないからだと思います。
自分の人生のなかでの彼らの存在や出来事が受け入れきれず(存在や出来事を認めたくたいため)
拒めば拒むほど手放せなくなってしまい残ってしまい繰り返し何度も蘇ってきます。

私は過去の経験が蘇ってきたら、
わきあがってくる感情を拒まず憎らしいものは憎らしいものとして全身で感じ、
ずっとその憎らしさ見つめます。(自分で自分の感情の動きを観察します)
そうすると憎らしさが消えて憎らしい感情は過去のもので、今に存在せず幻なんだと気づきます。

憎らしさは逃げれば逃げるほど追いかけてきます。
憎らしさを真正面から見つめればあっという間に消えます。
消えていくと手放せます。

最近ではそういう感情が蘇ってきたら
過去を消化するチャンスだ!(嫌な過去を消化できる時がきたのだと)
と思ってただ見つめ受け入れ、精神的に成長してるんだなぁとワクワクします。

「そして人を傷つけ裏切り、嫌な思いをさせた人は、やったもの勝ちなのでしょうか?」

人を傷つける人は本当はその人自身が深く傷ついてることが多いです。
自分の傷をわかってほしくて(見せたくなくて)弱さを悟られたくなくて他人を先に傷つける可哀想な人たちです。
似たような要素を持つ人がいると引き寄せあい傷つけます。(引き寄せですね)
あなたが誰かを傷つけた所で、あなたもその人たちと同類になってしまうだけです。
あなたの過去の傷を幸福に変える原動力に変えれば勝ったようなものではないでしょうか?
あなたが幸せになってはじめて勝ったと言えるでしょう。

良く感じる感情もあなた自身です。悪く感じる感情もあなた自身です。
両方あってはじめてあなたという個性がわかります。
感情を否定すれば自分自身を否定してるようなもの。
もっと自分を大切に愛して幸せへと歩んでください。

質問した人からのコメント

2013/3/3 20:23:40

皆様のご回答有難うございました。
aigasubetedayoさんのご回答を読ませて頂いて、とても優しい気持ちになれました。
幸せの方向へ歩めるように頑張ります。
有難うございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hikaru25346さん

2013/2/2820:09:51

思い出してください。あなたを傷つけた人も、憎いと思っている人も、あなたが引き寄せたのです。憎くなるような出来事もあなたが引き寄せたのです。

100%原因はあなたなのです。憎くなったり、恨みたくなったりするのは、人のせいにできるからです。だからいつまでも脱け出せないのです。

一度それを引き寄せたのは自分の責任だということを自覚しましょう。

あなたを傷つけた人は、あなたが今どんな思考を反映しているか教えてくれているんです。

かといって彼らに責任がないのではありません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2013/2/2818:15:28

futagoza500さんこんにちは(^_^)。

嫌な思いをさせられた相手を憎んでしまうことは誰にでもあることです。憎んでいけないわけではありません。しかし、憎んだところで自分の人生には何のメリットもなく、むしろデメリットしかないことをしっかり肝に銘じておけばいいでしょう。

これは、自分自身に毒を盛っているのと同じ行為です。相手が毒を盛ったのではなく、あなたの価値判断が毒を生み出しているのです。

嫌なことをした相手が平気で楽しく幸せに暮らしてるのなら、まさにやったもの勝ちなのです。相手が幸せに暮らしていて、あなたが不幸せな気持ちでい続けるのなら、確実にあなたの負けです。

こうなったら徹底的に復讐するべきです。最高の復讐は、あなたが過去のことをすっかり忘れられるほど幸せになることです。

以前よりもずっと良い職場環境・労働条件で、あなたにピッタリ合った仕事を見つけて、確実に幸せになって下さい。

相手のことを無理に忘れようとしなくても、今が最高に幸せになればそんなことは自然に忘れてしまいます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2013/2/2814:31:27

やったもの勝ちではないと思います。
あなたにいいことが起きて欲しいのなら、あなたもそう思うことが大切です。

嫌なこと、裏切られたことを考えた時点でそちらの方面を引き寄せてしまいますので、現実になる前に思考を軌道修正しなければいけません。
自己暗示でいいんですよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kametani779さん

2013/2/2813:22:25

悪い思考を持ってしまったとき…
気にとめないことです。そのうち忘れます。

「意識しているものを引き寄せる。」ならば、嫌だったことを意識すればするほど、
また別の嫌なことを引き寄せます。

対処しなければと考えることや、実際に相手に復讐したり、自分の思いをどこかで
発散したりといった行動を起こすと、
「嫌なことが起こった。自分にとって現状は不都合な状態だ。」
ということを、潜在意識に植え付けてしまいます。
そして、より不都合な現実を引き寄せることになるのです。

その状態から抜け出すには、良いイメージではなく、実際に目の前の良いできごとに
気付き、良い行動を起こすことです。

就活を励ましてくれる人、お店での店員さんの丁寧な接客、ご近所との挨拶、
ネットでのみなさんからのアドバイス…
良いできごとは、気付いてくれるのを待っています。
それに対して、感謝の行動を起こすようにすれば、悪いできごとなど
どうでもよくなってきて、悪い思考も消えてしまうことでしょう。

ところで、どんな会社に就職しようと、嫌な人は絶対いますよ。
次の就職先にも、間違いなくいます。
いちいち気にかけず、良い人と付き合うことです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

inayoshi94さん

2013/2/2812:13:12

仮に,もしかして,引き寄せの法則が正しいとして,「いい考えがいいことを引き寄せる」→「いい考えをしなさい」という説明を絶対とする必要はないと思いますよ。
いい考えがいいことを引き寄せるんだとしても,今の私は悪い考えをして悪いことを引き寄せようとしているんだからそれでもいいやっていう考え方も論理的にはありえていいんじゃないでしょうか?

憎しみを思いだしたとき,「今の自分はこういう考え方をする人間なんだ」ということを自覚できただけでも良しとしましょう。今のあなたが心の底から100%いいことだけを望んでいるのなら,引き寄せの法則によりいいことが起きます。そうなってないんなら,今のあなたは100パーセントはいいことを望んでないんでしょう。その理由はあなたにしかわかりませんが,たとえば過去のケアを今のあなたが本当は欲しているからなのかも知れません。それでもいいんじゃないでしょうか。

YES/BUT法ですね。たとえば次のように考えるとか。
憎しみ→憎しみを持って「いい」んだ(イエス)→(バット)「でも」,ちょとづつやわらいでいくようにしよう。

「人を傷つけ裏切り、嫌な思いをさせた人は、やったもの勝ちなのでしょうか?」の問いに対してですが,「私は答えを知っている。その答えは何だ?」と心の底から思考するのであれば,答えが引き寄せられるのではないでしょうか。仮に,もしかして,引き寄せの法則が正しいのなら。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する