ここから本文です

解決済みのQ&A

企業の創業と設立の違いは?

kenntrustさん

企業の創業と設立の違いは?

企業のサイトの会社情報を見ると創業年月日と設立年月日の二種類があるのですが、
これらの違いは何があるのでしょうか?
例えばこれ↓
http://www.dnp.co.jp/about/dnp_info01.html

  • 質問日時:
    2006/12/20 18:58:14
  • 解決日時:
    2006/12/27 02:20:02
  • 閲覧数:
    24,566
    回答数:
    1

ベストアンサーに選ばれた回答

yamanin_farmさん

創業は、事業を始めることです。
単に事業を開始しただけですので、個人事業です。

設立は、法人(株式会社とか)を法律的な手続き(商業登記)を経て、開始することです。
設立は法人事業です。

創業と設立の日付が異なるのは、事業を開始し、しばらく個人事業として展開した後、法人化したということです。
創業当初から法人として設立した会社なら、創業・設立が同一日になっているはずです。

質問した人からのお礼

  • 感謝なるほど。創業はある意味あいまいなものなのですね。ありがとうございました。
  • コメント日時:2006/12/27 02:20:02

グレード

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する