ここから本文です

TPPと日本の食材に放射能汚染

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

greeeen_dakaraさん

2013/3/1717:03:46

TPPと日本の食材に放射能汚染

不謹慎な考えですが、日本では原発事故があり、今も続いている。 放射性セシュウムが大量にまき散らされているのが現実。 私は良いが日本の子供達には放射能汚染の無い食材を食べて頂きたい。 それでTPPの参加によって海外から放射能汚染の無い食材が入って来るのは良い事では無いかと思う様に軽く考えています。

自給率との話が出るが、放射能汚染された食材は子供達に食べて欲しくない。

知らない者の、安易な意見だと思って居ます。 しかし、放射能やセシュウム汚染の危険性が無い海外の食べ物が安く入って来るのは悪い事なのだろうか? 化学性の農薬、遺伝子組み換え品と海外には怖い物があるが、放射性セシュウムも怖いです。

ここにはTPPや農業に関してよく知って居られる方が多いです。 無知な私に、放射能汚染から見たTPPの影響を教えて頂けないでしょうか?

---

正しく検査されいる食物を食べる事には不安は無い。 東北や北関東では検査がされているだろう。しかし、東海や関西の市場関係者の人に聞くと、放射能検査をしてる食品なんて無いと返事。 大半の業者は検査なんてしてい無いのが現実である。

試しに、あるメーカーに放射能検査の結果を見せてくれと依頼すると、1年前以上に検出せずと書かれた物をFAXして頂いた。 一年も前のは古いのではと聞くと、検査なんてしないのが普通だと。 (福島近隣を覗いて、検査しないのが日本の大半であると)

これから本当に拡散していく放射能やセシュウムです。 厳しい検査態勢が取れているなら、日本の食を守るべきだろう。 しかし、業者は見て見ぬ振りて全国に売りさばいているのが現実です。 福島の人だけが検査されて、回りはフリーパスってのは変です。マスコミが言わなくなると、放射能の事は聞かなくなった。 聞かなくなっても、半減期が30年の放射性物質が消える訳では無い。

どれほど福島や近県の人々が調査しも、他にフリーで流通している食材を検査しないのは危険では無いでしょうか?

確実に存在している放射能物資を見ない現実では、TPPで食品が自由化されるのは良い事では無いのかな? 食文化は大事だけど、その前に安全が述べられないが理解出来無い点です。 検査無しで食材を流通させているのが現実だと考えると、放射能から身を守る為にもTPPはメリットが多いと思ってしまいます。

私の馬鹿な考えを修正して下さい。 海外の安くて、放射能の無い食材って駄目ですか?

補足pfnpcさん

ご意見は分りますが、放射能は怖い物です。 私はTPPには賛成的ですが、グレーな部分も多く「大賛成」とまでは行きません。不安なので聞きたいだけです。

不謹慎で有るにしても、怖い物は怖いです。 農薬の事も分ってませんが、放射能も怖い。極度に高い日本の食材。 海外からTPPで確実に安くて、放射能の無いのが入ってくるとの考えでTPPを議論したら、なぜ駄目なのでしょうか? 農家を守るのも「だし」の一つですよね?

閲覧数:
610
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/3/1816:58:07

回答:
TPPの根底にあるのは自由貿易の拡大です。これを庶民レベルで見れば、食料品に限定せず、多種多様の消費財が輸入され、選択の余地が広がる大きな利点があります。
例えば、ご質問者の様に海外の食品は放射能汚染の可能性が低いので安心だと考える方、回答者の様に海外の食品は農薬まみれで危険だと考える方、それぞれが自由で良いと思います。
結局、消費者が自分たちの価値観で選択すればよいことであり、その選択肢が広がるTPPは、一般消費者には良いことです。

なお、放射能汚染については大きな誤解があります。セシウム137は、原子炉特有の核種であり、測定が簡単なため指標とされていますが、人体への影響は大きくありません。本当に怖いのは、ストロンチウム90のようなボーンシーカーと呼ばれるもので、これらは骨髄に長年蓄積して白血病などを引き起こします。ただし、このストロンチウム90の放射能の測定は極めて難しいので、殆ど測定されていません。
私の結論として、福島を中心として、「実際に、除染をやっている地域」で栽培されるものは、基本的にグレーであり、避けるべきと考えています。この点は、どなたも反論は無いでしょう。「除染しなければならない→土地が汚染している→その土地で栽培されるものは汚染している可能性が高い→実際に放射能汚染は適切なレベルで測定できていない(セシウムだけでお茶を濁している)」でしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pfnpcさん

編集あり2013/3/2016:29:38

関東圏ならすでに食べています。
1999年東海村JCO臨界事故時点ですでに土壌の汚染は目に余るものでした、
あなたの質問は何を今更知らないほうが良いこともあるんですよ、愚か過ぎる、
TPPを進めたいならそれだけを論じるべきでしょう。
福島の原発事故をだしに使うんじゃない。
補足ー
①TPPはすでに議論のレベルを越えて日本政府により交渉参加が表明されている
②今でもスーパーにはにんじん、レモン、オレンジ、サーモン、ポーク、ビーフ等々多岐にわたる食材が日本産よりはるかに安価な値段で売られている
③選択の範囲が担保されないこと、畜産業、農業、水産業の高い確率での廃業が予想される。彼らを保護することは自己責任、自助努力の名の下に許されない。
何回か連続してスーパーに行かれることをお勧めします、オープンガードにすることの「将来の現実」が想像できますよ。
放射能に関する件はすでに本文で述べていますので繰り返しません、ただ残念ながら現実認識が甘い、知識ですらないと言わざる負えません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tibxcさん

2013/3/1717:13:05

先ず訂正
セシュウム→セシウムの方が適切

TPPの放射能の影響について
日本で作られている農産物は放射能汚染検査がされていて放射能汚染されている心配はありません。コスト削減の為にやっていないところもありますが、大半は先ず基準値を超えるとは考えられません。福島ぐらいでしょうか。それに外国の農産物は放射能汚染はされていなくとも農薬や肥料を大量に使用している場合があります。その例が欧米各国です。農薬や肥料は沢山使用すると健康に影響を及ぼすものもあり、そちらを考えるべきではないでしょうか。食品添加物においても日本は規制が緩い方です。発癌性があったりする食物添加物を入れた外国食品が入って来た時を考えてください。そちらの方が害があります。但し、食物添加物の規制が日本が緩いと言った通り外国の食物製品はそこまで緩くないので心配する必要はありません。やはり懸念材料はポストハーベスト農業ではないでしょうか。だいぶ放射線からそれましたが長文失礼いたしました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する