ここから本文です

ビアンキの自転車転倒事故訴訟

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

ysuc78さん

2013/3/2605:42:07

ビアンキの自転車転倒事故訴訟

昨日、ビアンキのMTBバイクが分解・転倒して、大怪我をされたことに対する賠償訴訟で、ビアンキ側が賠償命令を出されましたが、これは、やはり、ビアンキという自転車は欠陥自転車だった。ということの証明になるのでしょうか?また、これによってビアンキの自転車の販売は大きな影響を受けるのでしょうか?

補足あまり良く分らないのですが、「ビアンキ」という名前を付けていても、ビアンキが販売していない自転車ってあるんですか?あと、他の、例えば、メリダとかもあるんですか?そこが、いまいち、良く分らないのですが。
僕は、今、メリダのクロスを乗ってます(しかも、一番安いモデルです)。これも台湾のメーカーなのでMTBじゃないからとは思いますけど、ちょっと不安に・・・

閲覧数:
3,705
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

syakai_jinさん

編集あり2013/3/2916:13:16

ビアンキとサイクルヨーロッパが別会社との認識が、そもそも間違いです。
ビアンキは、1998年にスウェーデンのシクロップAB、日本語読みでサイクルヨーロッパエービーに買収されており、ビアンキは、サイクルヨーロッパと云うグローバル企業の子会社、一部門に過ぎません。
サイクルヨーロッパジャパンもまた、単に同じ企業の子会社、日本戦略部門に過ぎません。
また、その経営権は、全てスウェーデンのグリマルディー一族が握っており、既にイタリアの企業でもありません。
だからこそ、賠償相手がサイクルヨーロッパであり、また、サイクルヨーロッパジャパンは、単純な輸入代理店と云う立場ではないのです。

「ビアンキが欠陥車だったか」と云う問いに対しては、控訴期間が2週間ですので、2013年の4月8日までに控訴しなければ、欠陥自転車であったことが確定するということでしょう。
ただ、控訴したとしても、過失責任を覆すことは、難しいのではないでしょうか。
部品の供給元は複数に跨るのが現代の工業製品で、それは、車でも飛行機でも同じです。
しかし、それを取り纏めて製品化した製造販売者が、最終的な責任を取ることが、PL法の原則です。
各部品の製造者との訴訟は、サイクルヨーロッパが行えばよいことです。

「販売に影響を受けるか」否かについては、今後の対応如何でしょう。
ただ、サイクルヨーロッパは、グローバル企業ですので、その他、例えばプジョーの自転車も傘下ですし、回答の一部に記載のあったジャイアントもしっかり買収済みで、今はサイクルヨーロッパエービーの一部門です。
そして、それらを全て仕切っているのが、スエーデンの自転車王であり買収王でもある大資産家、グリマルディー氏とその一族と云うことになります。その他にも有名な自転車会社を多数従えていますので、実際には、ビアンキブランド単独の問題では済まないでしょうが、政治力も大変強い一族の様ですし、今までの対応から推察すると、「極東のサルの一匹や二匹、死のうがどうしようが興味なし。握りつぶしてしまえ!」、といったスタンスでしょうか。
よく本物のビアンキ云々の話が出ますが、イタリアにだって、そんなものは既にありません。
ビアンキが単独で経営できていたのは、1980年以前までですから。
今の資本家が、技術と伝統を重視したいと思えば、何時でもそれが本物のビアンキですが・・・思うかな?

質問した人からのコメント

2013/3/29 16:47:30

有名なビアンキが現在どのような経営になっているか。どのような流れになってきたかがよくわかりました。
ありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜5件/10件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/3/2701:38:08

その事故を取り上げたニュース特集です↓。これを見れば複雑な自転車業界の内幕がわかるので、補足の疑問も解決すると思います。
http://www.dailymotion.com/video/xctluq_bianchi-rstyyyyyyyyyy-1-2_n...

簡単に説明すると、子供が乗るミッキーマウスがプリントされた自転車もディズニーが製造・販売しているわけではなく、ディズニーから権利を買った業者が製造・販売してます。
性能は同じでも、割高なミッキーマウスがプリントされた自転車の方が子供は欲しがる。
同じことです。

ちなみに私はスペシャライズドというアメリカに本社があるメーカーのMTBに乗ってますが、このメーカーも製造は全てメリダに委託しています。
メリダは欧米自転車メーカーのOEM生産を手がけているので、優れた製造技術があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%80%E3%83%BB%...

それと完成車で50万くらいまでは、台湾か中国です。
ナイキやアディダス等の欧米のスポーツメーカーの製品が全てアジアで造られてるのと同じです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sealoveseuroさん

2013/3/2621:19:27

ぜんぜん関係ないけど、いまボクのMTBのサスペンションRSTなんだけどwwww
まいった。
RSTは不祥事多いからな・・・前もあったよ。そんなの。ビアンキはパーツ選びと言う意味では悪いけど、まあ微妙だな。
ビアンキがRSTと言うメーカーのサスペンションを選んでしまった。いわゆる不幸っていうやつ?
というか、RSTフェチのボク。そろそろフェチから脱さなくてはならないのだろうか・・・RSTのサス大好きなんだけどな・・
ビアンキは好きじゃないからいいんだけど、RSTどうなるんだろ。
でも、そんなこの前のビアンキみたいな事故はめったに起こらないから大丈夫だろ思う。メリダでも。
ちなみに、メリダの自転車は全部自社工場で作ってるんじゃなかったっけ・・・

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

royal_naru66さん

2013/3/2615:34:17

これはまさかだと思った。
サスメーカーはRSTだしね。サイクルヨーロッパジャパンがRSTを訴えるのかなぁ。ともかく輪界の人は商売がやりづらくなったんじゃないかと思う。
で、あれはMTBじゃなくてクロスバイクじゃなかったっけ?あんなのビアンキの名前だけ借りてチェレステカラーにしたビアンキのバッタもんみたいだからなぁ。ビアンキもいい迷惑だろうなぁ。
一般の人はあのニュースだけみたらビアンキはそういうのだと理解するかもしれないが、少しでも自転車知っている人は、そう思わないと思うよ。壊れた自転車がロードレーサーだったらまた別の話になるけどね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2013/3/2614:33:46

欠陥自転車であったことの証明にはなりませんが、使用者の怠慢は証明されました。
また、販売には大きな影響はないでしょう。
上告があればいいのですが・・・

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

motimotinn11さん

編集あり2013/3/2617:49:56

いろんな考え方があるとは思いますが、ビアンキ=欠陥という図式で片づけるのはいかがなものかと思います。
まずサスペンションフォークを作ったのはRSTという会社。このバイクに関しては、イタリアのビアンキが開発したものではなく、アキボウという会社が企画して台湾で製造され、それをビアンキが販売許可出したみたいなもの。
まあ、一番よくないのはRSTというサスペンションメーカーだと個人的には思っていますが、それを選んだ(販売許可を出した)ビアンキ(サイクルヨーロッパジャパン)も責任はあるとは思いますがね。またRSTサスペンションで事故が何件か起こっていたにも関わらず、即座にリコールを出さなかったビアンキにも問題はあると思います。

で、ビアンキの自転車でサスペンションフォークを搭載しているモデルは少数派です。なので、ビアンキ=欠陥という単純な図式はどうかと思います。詳しくない一般ユーザーから見たらビアンキ=危ないという感じなのでしょうが、そもそもサスペンションを持っていないビアンキのロードバイクなども一括りにするのは違うと思います。

いろんな検証がされていますが、事故が起こる前からスプリングの破断があった可能性が高いと言われています。6年もノーメンテで乗っているユーザーも過失があると思います。今回はユーザーの過失が1割ついているみたいですね。自動車のように車検制度があれば防げた事故かもしれません。車でも車検制度がなかったらめんどくさい人はメンテしないでしょうから。

(補足を読んで)
ビアンキと名前がついているものは、すべてビアンキが販売してます。ただし、製造元がビアンキではなく、他社が企画・設計したものもあります。
分かりづらいかもしれませんが、

ビアンキの代理店のA社が企画・設計

ビアンキが許可

ビアンキではないB社が製造、組み立て

ビアンキが販売

みたいな流れもあったりするわけです。
ですが、ビアンキだって自分のブランドイメージがあるでしょうから、ちゃんと基準を持って他社に作らせているんじゃないでしょうか?

メリダはよくわかりませんが、ほとんどの自転車メーカーの安いモデルは台湾の業者が作っています。それが品質が悪いわけではないと思いますよ。

ちなみに今回の事故のバイクは
(企画・設計)日本のアキボウ
(サスペンションフォーク)台湾のRST
(組み立て)台湾の穂高
(販売)サイクルヨーロッパジャパン

だったと思います。イタリアのビアンキは商取引上直接の関与はありませんが、サイクルヨーロッパジャパンはビアンキ(サイクルヨーロッパ)の傘下にいるわけです。複雑ですね。(もし間違っていたらゴメンナサイ)

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する