ここから本文です

著作権法第27条について 例えば著作権法第27条(及び第28条)含む一切の権利を...

momo10miruさん

2013/4/2007:55:26

著作権法第27条について


例えば著作権法第27条(及び第28条)含む一切の権利を譲渡したとします。

第27条著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、

その他翻案する権利を専有する。

このようにありますが、小説や曲ではなくイラストの場合、具体的にどの範囲の変更までが許されてしまうのでしょうか?

閲覧数:
1,560
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/4/2012:46:18

著作権法第27条(及び第28条)含む一切の権利を譲渡したとしても、著作者人格権(著作権法第18条~20条)は原著作者に残ります。
著作権法第20条に同一性保持権が書かれています。(勝手に題名や内容を変えてはいけないというようなことが書かれています。)

イラストに於いて、変更可能な範囲は、キャラクターのポーズ変更程度です。印象が変わってしまうような変更はNGです。


PR
http://www4.hp-ez.com/hp/kusanagityosakuken/

質問した人からのコメント

2013/4/20 17:39:31

ポーズ変更程度なら同一性保持権を侵害したことにはならないんですね。

ありがとうございました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する