ここから本文です

出産退職での確定申告

rulu_fさん

2007/2/1916:08:51

出産退職での確定申告

昨年7月に7年勤めた会社を退職し11月に出産しました。
私と主人の源泉徴収票があるのですが、
確定申告をするのは初めてなので何をどうすれば良いのか
全然分かりません。教えてください。

昨年の医療費は出産費を含めて50万円ぐらいです。
昨年の私の収入額は170万円・退職金45万円です。
出産一時金・出産手当金は私が勤めていた時に加入していた
社会保険から今年2月に頂きました。
退職してから9月までは主人の社会保険の扶養家族に加入し
出産手当金を頂くため10月から今現在は国民保険に加入しております。
主人と私はどのような手続きが必要ですか?

閲覧数:
7,274
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

maotarou1978さん

2007/2/1921:31:11

質問者さんとご主人各々で確定申告をすると良いでしょう。

質問者さん
給与所得の源泉徴収票、退職所得の源泉徴収票、(その他、生命保険料等控除申告対象になる契約があるのならその証明書)を用意し、
国税庁のHPで確定申告用紙を作成してください。
(指示に従って数字を入力するだけです)
退職所得は確定申告をしてもしなくても良いですが、
平成18年までの退職者は定率減税の関係で
退職所得も申告すると得なことがあるので、
両方で申告書を作成してみて、得なほうで申告すると良いでしょう。
申告書は、
退職所得を申告しない場合は申告書A
退職所得を申告する場合は申告書Bを使用します。

ご主人
源泉徴収票、医療費の領収書、質問者さんの年金の控除証明書、国保の支払額(国保は金額が分かればよいだけなので、メモで可)を用意し、
国税庁のHPで確定申告用紙を作成してください。
医療費控除、社会保険料控除(年金、国保)は質問者さんで申告しても良いのですが、
一般的には所得の高い方が申告した方が得なので、
ご主人が申告した方が良いのでは?と思います。
申告書はAを使用してください。
注意点としては、
医療費控除申告の際には、保険からの補填金は差引くので、
支払額から出産一時金を差引いてください。
年金、国保料の控除は、もし質問者さんが支払ったことが明らかな場合は
ご主人でなく、質問者さんが控除申告してください。
(どちらのお金から支払ったか曖昧な場合はご主人が申告しても可)

申告書の作成方法がHPでは分からないという場合は、
必要書類と通帳(還付口座の確認用)、印鑑を持って税務署に行けば
書き方も教えてもらえます。

出産手当金は申告対象ではないので、
考慮の必要はありません。

質問した人からのコメント

2007/2/20 10:21:53

降参 とても丁寧な回答ありがとうございました。
少しでも戻ってくると嬉しいので教えて頂いたやり方で申告してみます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

グレード

カテゴリマスター

2007/2/2000:14:47

まず、確定申告用紙と手引きをもらってきて読むところから始めたら?
国税庁のサイトからダウンできますよ。

出産一時金→出産育児一時金
社会保険→健康保険
社会保険の扶養家族に加入し→健康保険の被扶養者となり
国民保険→国民健康保険


・医療費控除
出産の医療費-出産育児一時金が10万円を超えた分が申告できる。

・社会保険料控除
国民健康保険・国民年金の保険料/税が申告できる。
あなたが申告するなら、在職時の健康保険料・厚生年金保険料・雇用保険料(源泉徴収票に書いてある「社会保険料等の金額」)との合計。

ご主人が申告するなら、ご主人の源泉徴収票に書いてある「社会保険料等の金額」との合計。

医療費控除ともともども、どちらが申告したら得になるか良く計算しましょう。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

srs16230さん

編集あり2007/2/2001:47:42

ご質問様の確定申告について次のものを準備して下さい。

>源泉徴収票、国民年金保険料控除証明書、国民健康料(昨年支払った分だけ)、還付先口座、印鑑、生命保険の支払いがあれば保険料控除証明書等。
下記の確定申告コーナーで作成できます。わからない時は税務署でどうぞ!

退職金は「退職所得に関する申告書」を会社に提出していると退職所得控除がありますので申告の必要がありません。


>医療費控除はご主人が還付申告した方がよいと思います。
国民年金や国保(社会保険料)は銀行振替でなければ所得税の多いご主人から控除します。

ご主人の源泉徴収票、医療費の証明できるもの(領収証等)、還付先口座、印鑑
医療費50万ー35万(出産育児一時金)=15万、ご主人が給与所得が200万以上なら15万ー10万=5万が、200万未満なら15万ー(給与所得×5%)が医療費控除額となります。

http://www.nta.go.jp/category/kakutei/kakutei.htm

>源泉徴収票や国民年金保険料控除などの証明書類は確定申告書に添付。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2007/2/1916:28:17

還付申告してもさしつかえないが、しなくてもよい・・

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する