ここから本文です

「感激も一塩」「喜びも一塩」って?

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

ibaraki0123さん

2007/3/3121:59:42

「感激も一塩」「喜びも一塩」って?

「感激も一塩」「喜びも一塩」って言います。

なぜ「一塩」「お塩」なんまたそのでしょうか?語源は?

閲覧数:
35,707
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a9140n7027さん

編集あり2007/4/100:28:28

「ひとしお」は漢字で「一入」と書きます。
もともとは染め物で使われていた言葉です。

「ひとしお」の「しお」は染め物を染料につける回数のことで、「ひとしお」は染料に一回浸すことです。
また、二回つけることは「再入(ふたしお)」、何回も色濃く染め上げることは「八入(やしお)」「百入(ももしお)」「千入(ちしお)」「八千入(やちしお)」と言いました。
一回つける毎に色が濃くなり鮮やかさが増すことから、「ひとしお」は「ひと際」などを意味する副詞として平安時代頃から用いられるようになりました。
漢字で「一入」と書くのは、染め物を入れる意味からの当て字だそうです。

http://gogen-allguide.com/hi/hitoshio.html

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kanariakajinさん

2007/4/116:24:37

古語大辞典をあたってみました。
ひとしほ=一入です。
染物を染め汁に一度入れて浸すことを「一入」とも「はつしほ」とも
言いました。
「ひとしほ」「ふたしほ」「みしほ」「やしほ」と回数が増すごとに深く染まります。
そこから、いっそうという意の副詞に転じました。(ひときわ・一段とも同様です)

【用例】<古今和歌集>「ときはなる松の緑も春くれば今ひとしほの色まさりけり」
<風雅和歌集>1349年頃「千代ふべき雲居の松に満つるかなひとしほまさる春の恵みは」

「しほ」については「潮合ひ」の意とも「しほる」の意とも説かれます。
「一入」を「ひとしほ」と読む例は「類聚名義集」にみえ、「伊呂波字義抄」では「入」を
「しほ」と読んでいます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pooal_teaさん

2007/3/3122:02:17

この場合の「ひとしお」は「一入」と書きます
ほかの場合より程度が一段と増すこと。という意味です
「いっそう」とか「ひときわ」とかと同じような意味です

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する