ここから本文です

大和田常務の処分について

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

paraparaxpさん

2013/9/2222:47:37

大和田常務の処分について

最終回で大和田常務が頭取に降格処分を言い渡されましたが

どんな処分だったでしょうか?

また、降格することでどんな不利益がありますか?

閲覧数:
339
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/9/2314:45:43

こんにちは。

見ましたよ。平取に降格でしたね。

不利益は執行権がなくなるので、経営陣として残るものの取締役会には参加しますが、権限が大きく減った、ということです。

しかし、取締役でいる以上、また常務、専務と上がって行けます。
取締役ということは一度退職しているので、通常の社員には戻れません。
従って、取締役兼任で子会社などの社長をやったりもできますが、その場合そこで生涯を終えることも多く、本社に残ったということはまだまだチャンスはあります。

質問した人からのコメント

2013/9/23 22:33:41

感謝 なるほど、よくわかりました。ありがとうございます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する