ここから本文です

医療費控除について(年末調整・確定申告)

fukunijiryuさん

2013/10/2905:06:56

医療費控除について(年末調整・確定申告)

会社の年末調整の締め切りが近づいてます。
ここ数年医療費は年間で10万を超えているのですが、10万を超えた分が還付対象であることと、
手続き自体がめんどくさいという気持ちから、特に控除を受けることもなく、毎年会社で年末調整をしてきました。
そのため、自分で確定申告をした経験はありません。

今年も年末調整の締め切りが近づき、例年通り年末調整を受けようと思っているのですが、
昨年よりもさらに医療費がかかっている実態があります。
そのため、医療費控除の申請をするかどうかで悩んでいます。

初めてのことであり、いまいちわからないので質問です。
1)医療費控除を受けたい場合、確定申告をしなくてはいけないということなのですが、
それは会社に、確定申告をするため今年の年末調整は不要ですと伝えるのでしょうか?
それとも、年末調整を通常通り会社でした上で、別途確定申告の時期に医療費控除の申請を自分でするのでしょうか?
2)もし、会社で年末調整をしないのであれば、医療費控除を受けるための必要書類(領収書)など以外に必要なものは、
源泉徴収表のみでいいのですか?
3)避妊用+生理痛がひどいこと+生理不順のため、ピルを服用しています。年間3万程度かかっているのですが、
これも医療費として含みますか?

回答によって、年末調整をどうするか考えたいので、よろしくお願いします。
また、知識がないため、的外れな話をしていたらすみません。

閲覧数:
10,974
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/10/2907:07:33

医療費控除は、年末調整では申告できません。 つまり確定申告が必要です。

来年会社からの源泉徴収票を入手後、治療の為に支払った領収書全てと集計した一覧表*病院単位がベター(前年の1月1日から12月31日間)、健康保険組合から給付があればその分は集計から差し引く(給付金額が解る書類添付)、生命保険給付があれば、給付に関わった治療費の領収書を集計から除く。

尚、医療費控除できるのは、病気治療に関するものですので、避妊を目的のピルは対象外です、医師が治療に必要と認めたものは対象になりますが。

外来、入院等に必要な公的交通機関(遠地の場合は必要理由が必要)の費用(タクシー、自家用車等を除く)は、領収書不要で付添い人分も集計表に発生の都度記載加算できます。

確定申告書は、国税庁のホームページでデータ入力・印刷すれば提出可能な書類作成ができますので、郵送が可能です。
勿論、所定手続きをすれば、ネット申告も可能です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hakatakko6さん

2013/10/2919:42:40

確定申告は、職場の年末調整+@を自分で行うものです。
所得税の年末調整対象外のものから、年末調整対象のものまで、確定申告では可能です。
私の経験では、年末調整をしないで、確定申告すると、すごく大変な作業でした。しかし、すごく勉強になり、職場の年末調整の担当者でなくても、確定申告は勿論、年末調整がよく分かりました。
年末調整を済ませた上で(年末調整での不備や誤り、修正は一切なし)、確定申告をすると、確定申告は楽で、スムーズです。
【年末調整をしない場合の確定申告】
平成25年12月31日までに実際に発生したものに限ります。
①給与天引き分以外
国民年金・年金基金の控除証明書
②健康保険の領収書(国民健康保険を除く)又は控除証明書 ③生命保険料の控除証明書
④地震保険料の控除証明書
⑤住宅ローンの控除証明書
(初年度は、確定申告のみ。二年目以降は年末調整OK。)
⑥その他、年末調整の対象になるにも関わらず、未提出の書類。
⑦医療費の領収書
⑧寄付金の領収書
⑨給与以外の収入を証明するもの
⑩⑨の収入を得るのにかかった、経費の領収書
⑪その他、年末調整対象外だが確定申告対象になるもの

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kazu7takuさん

2013/10/2909:34:25

まず年末調整は会社で普通に行います。

医療費控除と年末調整は関係ありません。

医療費控除は会社から貰う源泉徴収票と医療費の領収書を持って来年の2月中旬以降に税務署へ行き還付申告をします

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

buraze979さん

編集あり2013/10/2909:33:16

>1)医療費控除を受けたい場合、確定申告をしなくてはいけないということなのですが、
それは会社に、確定申告をするため今年の年末調整は不要ですと伝えるのでしょうか?
それとも、年末調整を通常通り会社でした上で、別途確定申告の時期に医療費控除の申請を自分でするのでしょうか?
確定申告をする場合の年末調整の有無については、会社で年末調整をしてから確定申告をしても、年末調整をせずに確定申告をしても、どちらでも構いません。
会社員の方で医療費控除などにより、確定申告する予定のある場合は、会社で年末調整をしてもらいつつ確定申告を行うといった人のほうが多いでしょう。(あくまで多い例なので、年末調整しなくても問題ありません。)
年末調整を行えば、医療費控除以外の所得控除分(生命保険料控除など)に係る所得税の精算(恐らく減額調整)が先にされますが、年末調整しない場合は確定申告するまで、その分の減額がされないというだけで、どちらで行っても最終的な所得税額には変わりはありません。
したがって、複雑な理由でもない限り(医療費控除だけで確定申告を行うのなら)通常どおり会社で年末調整をしてもらったほうが、わざわざ会社に年末調整しなくても良いなどと伝える必要もなくて済むかと思います。

>2)もし、会社で年末調整をしないのであれば、医療費控除を受けるための必要書類(領収書)など以外に必要なものは、源泉徴収表のみでいいのですか?
年末調整しても、しなくても、確定申告を行う場合は会社で発行される源泉徴収票が必要となります。
医療費控除などで還付を受けられる金額というのは、源泉徴収された税金(自分が納めた税金)が上限となりますが、源泉徴収票が無いと、所得税をいくら源泉徴収されたかなどが分からないからです。
また、年末調整をしない場合は、医療費控除以外の控除証明書等(生命保険料控除証明書など、会社で年末調整する時に提出していた物)があれば、持参する必要があります。

>3)避妊用+生理痛がひどいこと+生理不順のため、ピルを服用しています。年間3万程度かかっているのですが、
これも医療費として含みますか?
医療費控除の対象となる医療費は、原則病気の治療に伴う診療費や治療費、病気を治療するための薬代などが対象です。
個人的に服用する漢方薬や栄養剤、常備薬等は対象外となっています。
あくまで世間一般的に見て医療費となるもの(診察費・入院費・処方箋代など)と、医師の診断によって病気治療と認めたものに対する医療費だけが対象となります。
したがって今回の内容は医師の診断によって病気治療と認められているものであれば対象(避妊用は除く)となり、そうでなければ対象外となります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する