ここから本文です

プレシジョン・シャフトの硬さを表す、5.0、5.5、6.0、6.5という数字とフレックス...

telme_yhoさん

2007/5/1121:10:19

プレシジョン・シャフトの硬さを表す、5.0、5.5、6.0、6.5という数字とフレックス(R、SR、S、SX)との関係が、2005年頃改訂されたという話を聞きました。具体的にどういうことなのか教えていただければと思います。

閲覧数:
7,322
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

esuko193さん

編集あり2007/5/1207:57:55

以前同じような質問がありました。その時のベストアンサーです。私もとても参考になりました。

『昔は6.5はSとなっていましたが、数年前より「プレシジョンのシャフトは硬すぎる」と他メーカーからクレームがついたとかで、プレシジョンの時代から6.5=Xに修正されていました。
6.0=Sの硬め、5.5=Sの軟らかめ、5.0=Rと修正されました。
メーカーによって硬度の基準は違います。これは以前から変わりありません。』

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211478742

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

「プレシジョン・シャフト、プレシジョン」に関する質問

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する