ここから本文です

解決済みのQ&A

スペインとメキシコのスペイン語の違い。

mikbjjpさん

スペインとメキシコのスペイン語の違い。

スペイン語を勉強しようと思っています。
アメリカの専門学校を卒業して長く居たので、英語はできます。

以前、スペインのスペイン語とメキシコのスペイン語は違う、と聞いた事があります。どこがどう違いますか?また、その違いは大きいですか? また、英語を知っていれば少しはわかるでしょうか??

自分は「メキシコの方のスペイン語」を学びたいと思っています。また、初心者用のサイトをご存知であれば、そちらも教えて下さい。
宜しくお願いします。

  • 質問日時:
    2007/5/13 18:53:59
  • 解決日時:
    2007/5/19 12:54:55
  • 閲覧数:
    14,998
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

pollitos_dicenさん

上の方が書いている中南米のVamos(バモス)のS音の消失ですが、中南米全体でそうなわけではありません。主にキューバやコロンビア、ベネズエラのカリブ海地方など限られた地域でのみ確認されます。逆にスペインでもカナリア諸島ではそのような発音になります。

また、S音が消えるといっても母音を伴わない場合だけです。例えばSomos(ソモス)の場合、頭のSは母音を伴っているので消えません。ソモというような発音になります。S音が消えるといっても全くなくなるわけではなくて、日本語の促音のように聞こえることが多いようです。例えばPescado(ペスカド)の発音はペッカドのように聞こえます。

メキシコとスペインのスペイン語の違いについて各項目ごとにあげてみます。違いがあるといっても全く問題なく会話は成り立ちます。その点では全く同じ言語です。

発音:
CとZの発音でしょう。スペインでは英語のth音になるのに対してメキシコではs音になります。一般的にスペイン語の筆記法は発音のとおりにつづればいいのですが、メキシコの発音ではC,S,Zが全て同じ発音になるためメキシコでスペイン語を勉強した場合は、これらの文字を間違えやすくなります。私はそのような場合、英語に類似の単語があれば英語のスペリングで使われている文字を充てるようにしていました。この方法で7割くらいは正解になります。

文法:
二人称の複数のVosotrosはメキシコを含む中南米ではほとんど使われません。代わりにUstedesが使われます。Ustedesは文法上の活用が三人称複数と同じでいいため、動詞の活用バリエーションが一つ少なくなり初級学習者としては助かります。(ご存知かと思いますが、スペイン語では主語や時制、可能性によって動詞が活用します)

固有の単語:
メキシコには固有の単語が多く、Cacahuate(ピーナッツ)やCajeta(練乳)、Chango(猿)などは他の中南米諸国でも通じないと思います。

言い回し:
メキシコ固有の言い方としては
Andale (OKというときに使う)
¿Mande? (話しかけられたときの返事)
Bueno (もしもし)
などがあります。
スペイン固有の言い方としては
Vale (OKというときに使う)
Diga (もしもし)
があります。私の友人のスペイン人は会話中にしょっちゅう「Vale, eh?」が入ります。

余談ですが、英語とスペイン語は語源が同じ単語が多いので、英語の語彙が多い人は潜在的にスペイン語の語彙が多いことになります。例えばハリケーンはスペイン語でウラカンですが、英語のつづりを知っていれば初めてHuracánを見てもHurricaneと同じ意味であることが容易に想像できますね。また、文法も似ているところが多いので、英語を知っている学習者はスペイン語の学習が早いと思います。

  • 違反報告
  • 編集日時:2007/5/17 02:22:14
  • 回答日時:2007/5/15 23:26:42

質問した人からのお礼

  • 降参皆さん、ご回答ありがとうございました。かなりいろいろと参考になりました。
    ゆっくり勉強していきたいと思います。
  • コメント日時:2007/5/19 12:54:55

グレード

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

mmtienda01さん

メキシコ専門のスペイン語サイトではないですけど、
一応メインはメキシコ(中南米)スペイン語の内容で学習できる面白いサイトがあります。
ほとんど遊びながら学習できて楽しいですので
私は良く使っています。

http://sabonyan.com
http://xn--eckybyf9dx033c.sabonyan.com
http://sabonyan.tv

nueve_de_marzoさん

本国のスペイン語とメキシコのスペイン語の違いは、
イギリス英語とアメリカ英語くらいの違いです。
お互いに意思疎通はできると思います。

新大陸に入植した人々は、主にアンダルシア地方の人間でした。
中南米では、今もそのなまりが残ったままです。

例えば、一番にあげるとすれば、「語尾のーSの消失」
スペイン語で「行こう!」と言うとき「Vamos!」と言いますが、
中南米では語尾のsがなくなり「Vamo!」と言います。
他にもlos hombresはlo hombreなど。

他には中南米の発音にはthの発音がないので、すべてsの発音でいけます。
あとは、国によって表現がかわったりします。
スペインではこの意味で使えるけど、中南米ではちょっとニュアンスが変わる、など。

イタリア語のChao!は「やあ!」とあいさつで使われますが、
中南米、特に南米ではChao!は「またね!」の意味で使われます。

一番良い勉強法は実際にメキシコへ行って、慣れることでしょうね。
インターネットで調べられるスペイン語には限りがあり、ほとんどがスペイン本国のスペイン語です。
NOVAなどのスクールに通って、メキシコ出身の先生を指名するのも手です。
自力で勉強しようとするなら、この本がお勧めです。
『概説 アメリカ・スペイン語』
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4475016231/
私の大学の先生です。授業でも使っていました。わかりやすかったですよ(^^

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する