ここから本文です

解決済みのQ&A

厄落としについて

kotaporo_o3さん

厄落としについて

前厄・本厄と2回旅行がてら、有名な神社に行って厄落としをしていたのですが
後厄だけ出産が重なってその神社にいってません。

なんとなく、気分の問題なのですが
後厄の厄払いだけ行けてないのが気がかりです。
その有名な神社は子連れで行くには少し遠いのでいけません。

後厄の厄払いだけ、近くの神社で済ますのは良いのでしょうか?
出産すると厄払いになると聞いたことがあるので、
厄払い自体行かなくてもよいものでしょうか・・・?

ご存知の方、教えてくださいm(_ _)m

  • 質問日時:
    2007/5/17 11:56:58
  • 解決日時:
    2007/5/17 18:28:11
  • 閲覧数:
    8,580
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

lupin_jusanseiさん

厄払いは典型的な迷信。

男性の大厄の42歳は「死に」で42
女性の大厄の33歳は「散々」で33

です。

このように日本語の語呂にこじつけたものでしか有りません。
これでは言語の違う外国では成り立ちませんよね。それとも日本語を使う国だけに厄が有るように出来ているんでしょうか?
そんな事有りませんよね。

加えて厄払いをしている神社にしても昔にその土地の人が勝手に何々を祭って神社にしただけで
神様なんか神社にいないのです。
明治神宮にしても靖国神社にしても死んだ人を人間が勝手に神様にしているだけなのですから。

また、人を祭った以外には「御神体」と称したものが勝手に神扱いされて祭られているだけ、これも人間が勝手に神様にしただけです。

日本人は信仰心が有りませんので何かあった時だけ神社やお寺に行きます。
ですので余り深く考えず強迫観念だけでお参りをしますので神社やお寺にして見たら
良いお客さんですよ。何も考えずお金だけを置いていってくれるのですから。

このように厄年などと言うものはこじ付けで神社が民衆の恐怖心をあおって商売する
霊感商法です。
ですので全く行く必要は有りません。

質問した人からのお礼

  • 抱きしめるみなさんありがとうございました

    行きたいのだけど、行けないっていうのもあって
    気持ち的に楽になった回答でした。

    他の方のご意見の通り、お礼に行くのと氏神様にお参りは
    赤ちゃんが外出できるようになったら行きたいと思います。
  • コメント日時:2007/5/17 18:28:11

グレード

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

aegeanyamatoさん

質問者は、前厄の厄払いをした翌年には、報賽(ほうさい=お礼参り)を行わなかったのであろうか。
同様に本厄の厄払いをした翌年には、報賽を行わなかったのであろうか?
神社に限らず、寺院に限らず、願ってばかりいて、あとは知らん振りでは虫のいい話であり、神仏に対するマナー違反です。
神仏の加護に感謝・御礼を込めて先ずはお礼参りは行うべきでしょう。
当然、前厄や本厄の厄払い神事を執り行った神社でお礼参りは行うべきものです。
有名とか著名とかいった神社仏閣で祈願参拝をするのも結構ですが、
お礼参りのことも考えて参詣する神社仏閣を決めるべきものです。
質問例の出産が厄落としの意味があるという点では、厄年には何かよからぬことが起きるとされるため、
それが起こる前に事前に人為的に人工的におこしてしまおうという考え方が古来からありました。
普段、買ったことの無い高額なもの(新築・改築・自動車の購入など)も一例ですが、
人生の中で出産も普段、何度もあるわけでもないので、その人の人生の中では一大事件とも言えることから、
出産も厄落としの一助になるといわれているのです。
後厄の厄払いを行ったとしても翌年に報賽をしなければ前述の通りです。
また、質問者自身は、初宮詣でや七五三詣ではどこで行ったのでしょうか?
通常は、地元の氏神様といわれる神社で行い、誕生の奉告と今後の無事安泰を祈請しますが、
初宮詣で・七五三詣でを氏神様の神社で行っているのに、敢えて厄払いを地域の守り神である氏神様の神社で行わない合理的な理由はありません。

onabokyabeiroさん

前厄に行った神社で何ごとも無く出産も無事できたことに

感謝するお礼参りを兼ねた後厄除けをするのが良いと思います。

その神社での厄除けのお陰と感謝し後厄後も行くと尚宜しいと思います。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する