ここから本文です

シスプラチンとオキサリプラチンの希釈液について質問です。 シスプラチンは安定...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

wlr_htさん

2013/11/2822:06:56

シスプラチンとオキサリプラチンの希釈液について質問です。
シスプラチンは安定性のために生食など塩化物含有液で希釈しますよね。オキサリプラチンは何故塩化物含有液はNGなのでしょうか?「

分解してしまう」という記述をよく見ますが、同じ白金製剤なのにどうゆうことなのでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,419
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/11/2823:58:51

シスプラチンはもともと塩素を含むもので、細胞内で構造中の塩素がはずれて活性分子種が生成されます。
塩素イオンの少ない溶液と混ぜるとシスプラチンの塩素が点滴前に遊離してしまいDNA合成阻害作用がなくなってしまいます。
オキサリプラチンは塩素イオンがあると構造中のオキサレート基が脱離し、塩素イオンと置換してしまうために生理食塩水などに溶かすことはできません。
その他の白金製剤のカルボプラチンは生理食塩水に溶かしてもよいのとなってるので、シスプラチンは絶対生理食塩水、オキサリプラチンは生理食塩水ダメと特別なのでしょう。

質問した人からのコメント

2013/11/29 21:08:26

丁寧な解説ありがとうございました。
カルボプラチンやネダプラチンは塩類溶液でも希釈可なのですね。勉強になりました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する