ここから本文です

ブルースリーとその息子は、どうして暗殺されてしまったのですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

skailaaaaaaaarさん

2007/6/312:43:03

ブルースリーとその息子は、どうして暗殺されてしまったのですか?

閲覧数:
137,128
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

atoranticoさん

2007/6/313:01:27

息子のブランドンリーはたしかクロウ飛翔伝説の撮影中の事故で亡くなったはずですが。

ブランドンの死因(ウィキ抜粋)

1994年公開の「クロウ - 飛翔伝説」の撮影中に空砲が入っていると思われていた銃を使って撃たれるシーンの撮影を行ったところ、実弾が入っておりそれが腹部に命中し若くして死去した。その映画はほとんど撮影が済んでいた為、残りの部分には未使用映像やCGが使われて完成した。

確かにこれは暗殺かもしれませんね。あまりに不自然な死に方です。僕が思うにマフィア絡みの事件だと思います。映画制作には莫大な資金が伴いますからアンダーマネーが絡んでいてもおかしくないです。


リーの死因にまつわる噂(ウィキの抜粋)

なお、その後都市伝説的に死因にまつわる噂が日本やアメリカでまことしやかに語られることになった。その中身は「忍者に暗殺された」、「ボクサーとの決闘の末の死」や「腹上死」など、荒唐無稽なものが殆どであった。梶原一騎の劇画『プロレススーパースター列伝』では「リーの死因は、テッコンドーの達人との決闘で脳天蹴りをくらった後遺症だと大山倍達は語る」等というものまであった。

最近になって、新説として以下の項目がある。

白人至上主義者説
これはハリウッドの既得権益を握っているのは全て白人。当時、有色人種(黒人含む)で初めて世界的カリスマとなったリーに対する風当たりは非常に強かった。彼のもとには、人種差別思想を持つ個人や団体から脅迫状が連日のように届いていた。それによっての暗殺説。

中国武術界の古老説
当時の中国武術界は、かなり閉鎖的で他民族、他人種へ武術を教えることはタブーであった。ましてやリーが新しい武術ジークンドーを創設してしまったとなれば門弟希望者はどこに殺到するかは明らか。古老達にとって、リーの絶大な人気は死活問題であった。それによっての暗殺説。

香港マフィア説
香港映画界とマフィアの関係は深く、片腕ドラゴンの愛称で知られるジミー・ウォングなどは構成員だと堂々と公言。マフィアがライバル会社への打撃を与えるため、売れっ子スターを拉致することなど日常茶飯事。リーも常に狙われていた。それによっての暗殺説。

香港映画会社ゴールデン・ハーベスト社説
主演作が立て続けに大ヒットを記録するなど、当時のリーは完全にゴールデン・ハーベスト社のドル箱スターとなっていた。だが当時のリーは既に契約していたゴールデン・ハーベスト社から離れる事を決意していた。それを黙って見過ごすほどゴールデン・ハーベスト社のレイモンド・チョウは寛容だったのか。リーの死後直後、彼の取った不可解な行動と、リンダ未亡人に対しての指示。弟のロバート・リーの他殺説の露見。最後にこう締めくくりたい。「人々には真相を明かすことの出来ない複雑な事情があり、それが判明したとしても私は今さら公にするつもりはない。」(1987年リンダ・リーフルコンタクトKARATE誌でのインタビュー)

アレルギー説
映画で共演した女優の自宅に行き、新種のアレルギーによって亡くなったとする説。

麻薬説
他の有名人にもありがちなように、麻薬によって体を蝕まれ亡くなったとする説。説というよりは、噂に近い。

僕はリーの死因は肉体をよりよく見せるために体内に注入したシリコンが原因と聞いています。

質問した人からのコメント

2007/6/9 23:13:46

降参 いろいろ説があるのですね…

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する