ここから本文です

物理Ⅱの仕事と力学的エネルギーについての質問です

camusu56victoryさん

2013/12/1518:43:34

物理Ⅱの仕事と力学的エネルギーについての質問です

半径Rの円弧状のなめらかな曲面ABがある。円弧の上端Aと円弧の中心Oの高さは等しく、円弧の最下点BとOを通る線は鉛直である。その右側にはなめらかな水平面BCと傾角θのあらい斜面CDがある。いま、円弧の上端Aから質量mの小物体を静かに離したら、円弧に沿って滑り降り、さらに斜面CDに沿ってのぼり始めたが、点Cからある距離を進んだ点Xで速度がいったん0になった。その直後に逆戻りをして、円弧面のある高さの点Yに達したところで再び速度が0になった。小物体と斜面との間の動摩擦係数をμ、重力加速度の大きさをgとする。

(1)CX間の距離dはいくらか。

という問題で、

エネルギー保存の式を立てると、
mgR-μmgcosθd-mgsinθd=mgdsinθ
となりました。
mgRはA地点での位置エネルギー
-μmgcosθdは動摩擦の仕事
-mgsinθdは重力の仕事
mgdsinθはX地点での位置エネルギー

おそらく重力の仕事とX地点で位置エネルギーは1つにまとめられるものだと思うのですが、
なぜ別々に考えないのでしょうか?
わかりやすく教えてください。

投稿画像

閲覧数:
148
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

グレード

カテゴリマスター

kouryou_yさん

2013/12/1518:57:15

保存力のする仕事のことを位置エネルギーと呼びます。同じものなので、別々には考えません。

質問した人からのコメント

2013/12/18 15:54:47

回答ありがとうございました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する