ここから本文です

脳血管性認知症の人にDHAイチョウ葉を飲ませても大丈夫でしょうか? 医師に...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

thankfuleelさん

2014/1/1606:37:23

脳血管性認知症の人にDHAイチョウ葉を飲ませても大丈夫でしょうか?

医師に相談してからの方がいいですか?

明らかに進行しているのに薬も変わらないし
マニュアル対応っぽく流されて信用できません

なんとかしたいです

閲覧数:
301
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aaabbblzhさん

2014/1/1612:21:11

家族に認知症患者がおります。

発症にあたり、治療のための情報を集めました。
以下、ネタモトなどを記載いたします。

認知治療は情報戦です。知識や情報で武装することで、
患者さんを救い、家族はしなくてもよい苦労を回避できます。
※DHAイチョウ葉についてはわかりません。

■認知症の類型

①アルツハイマー型
②レビー小体型
③混合型
④脳血管性⑤前頭側頭型(ピック病)
※「認知症」といっても類型により、全く症状が異なります。

■認知症の症状

○中核症状(メインの症状)
短期記憶障害、失見当識、認知機能低下等

○周辺症状(副次的な症状)
・陽性 → 暴言、暴力、徘徊、妄想、幻覚、不眠、外出企図、介護抵抗等
・陰性 → 抑うつ、無気力、無関心

■脳血管性認知症の症状

・夜間の徘徊、せん妄、不眠(昼夜逆転)
・感情失禁(泣き上戸等)
・鬱状態、動作は緩慢
・易怒的になる 等

>明らかに進行しているのに薬も変わらないし
>マニュアル対応っぽく流されて信用できません

本来なら患者さん一人一人に適した薬の種類や量の調整が
認知症治療には必要です。
「ああ、認知症ですね。じゃ、アリセプト5mgね」という
医師だったら、認知症について関心も低く、知識も浅いかもしれません。


※可能なら、認知症の専門医の受診をお勧めいたします。
ちなみに認知症の専門医とは必ずしも「精神科」「神経内科」の医師のことではなく、

・中核症状と周辺症状を分けて理解し、治療できる
・認知症の類型を(大まかに)識別できる
・介護する家族の大変さを理解している
・中核症状の薬
(アリセプト、メマリー、レミニール、リバスタッチパッチ)
の効能を理解しており、認知症の類型別に処方できる
・アリセプトの副作用を知っている

医師のことです。
(医師の探し方は下記参照)

■情報元、参考書籍

私が情報収集ため活用した媒体です。

少なくとも①の書籍だけでもお読みになってから、 他の書籍やWEBをご覧ください。
予備知識がないと専門用語に振り回され、おびただしい情報を処理できず理解が進みません。

■参考書籍等

①「症例DVD付 認知症の正しい治し方」 現代書林
入門書。認知症の類型・全体像、医学的背景の理解のために。

○「完全図解 新しい認知症ケア 医療編」(講談社)
認知症の症状を理解するために。
イラストが豊富で、活字では分かりにくい認知症の症状の説明が
視覚的にわかりやすく解説してあるのでオススメです。


○ 「コウノメソッドでみる認知症診療」 日本医事新報社
類型別の具体的な治療のために。

いずれも河野和彦著

河野和彦先生は、名古屋で超有名な認知症の専門医です。
年間1,000人以上の初診の認知症患者を診察しています。

治療方法は、上記の認知症のタイプに応じて
認可されている薬の量・種類を調整し、まずは周辺症状を抑え、
穏やかになったら中核症状の治療を行う、です。

・病院URL
http://www.forest-cl.jp/doctor_info.html

この先生が、28年間の臨床経験から培った治療法「コウノメソッド」は、
PDFにて公開され、全国でその方法を取り入れる医師が
続々増加中です。

・コウノメソッドの内容
http://www.forest-cl.jp/method_2014/kono_metod_2014.pdf

お年寄りに何より重要な「薬の適量」を示しているので、
副作用の心配が少ない範囲で最大限の効果がでるよう、
28年間の経験から記載しています。

・都道府県別 コウノメソッドを取り入れているドクター一覧
http://www.forest-cl.jp/jissen.html

※コウノメソッドを取り入れている病院の一例(千葉県匝瑳市)
http://www.sosa-hp.jp/category/1957358.html

※コウノメソッド実践医の先生のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/aiwata/(愛知県長久手町)
http://kasama33.exblog.jp/i9/(茨城県笠間市)

お近くにコウノメソッドを取り入れていらっしゃるドクターがおられれば、
受診をお勧めいたします。


■■実践医の先生の病院が遠方だったり、患者さんが受診拒否した場合■■

家族だけ(本人不在)での受診も可能かもしれませんので
(その時は自費診療)、お電話でご相談してみてください。
(患者さんを動かせないという家族の事情は実践医の先生ならよくわかっています)

・受診前にチェックしてみてください
http://www.forest-cl.jp/download/20100219/Communications_sheet.pdf
http://www.forest-cl.jp/download/20100219/DBC.pdf


■河野先生のブログ
http://dr-kono.blogzine.jp/

・毎週月曜日更新
・治療実績、症例
・薬の効果報告
・新規実践医の紹介
・医学情報

ご回復をお祈りいたします。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜2件/2件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2014/1/1615:37:26

その人の日頃の服用薬に新しい健康食品とか補助食品を加える場合は
医師の意見を聞いてからでないと駄目ですよ。
何でも薬品や含有成分には拮抗作用で増強したり減衰したりしますので先生の指示を受けてから服用させてね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

shinseyeさん

2014/1/1610:12:28

栄養補助食品ですから食品アレルギーさえなければ問題ありませんよ。
医師に相談したら笑われますよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する