ここから本文です

聖徳太子が言った「和ヲ以ッテ貴シト偽ス」の読み方と意味を教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

chinami_ha_kyonyu_dayoさん

2007/6/2318:43:17

聖徳太子が言った「和ヲ以ッテ貴シト偽ス」の読み方と意味を教えてください。

閲覧数:
12,210
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

thor1203さん

編集あり2007/6/2321:21:20

一曰,以和為貴,無忤為宗.
人皆有黨,亦少達者.是以或不順君父,乍違于鄰里.然上和下睦,諧於論事,則事理自通,何事不成

一に曰く、和を以って貴しと為し忤う事無きを宗と為せ、
人皆党有りてまた達者なる者少なし、是を以って或いは君父に順わず乍た隣理に違う、然れど上和下睦事を論ずるに諧わば、事と理自ずから通ずまた何事か成らざらん

いちにいわく、わをもってとうとしとなしさからうことなきをむねとなせ、
ひとみなとうありてまたたっしゃなるものすくなし、これをもってあるいはくんぷにしたがわずまたりんりにたがう、しかれどじょうわげぼくことをろんずるにかなわば、じとりおのずからつうずまたなにごとかならざらん

第1条、和を大事にし、反抗することのないよう心がけよ。
人は誰しもが仲間をもっているが、道理を悟っている者は少ない。それゆえ、君主や父に従わなかったり、身近な人と仲違いしたりする。しかし上に立つ者がなごやかで下の者が仲良く意見を述べあえば、自然にものの道理がわかり、すべての事がうまくいくだろう。

http://pine.zero.ad.jp/callon/pdd/17jo.htm
http://www.tetsureki.com/home/library/shiryoukan/kenpou17.html


一般的には「和を以って貴しと為す」しか知られていませんが、実際の文章はこの通り結構長文なのです。
日本人なら一度全文読んでみることをお奨めしますよ。
(特に第4条以降は社保庁の職員連中に読ませてやりたいですね)

質問した人からのコメント

2007/6/23 22:33:56

降参 ニホンゴムズカシデスネ

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

nikomihiya91さん

2007/6/2318:45:16

「わをもってたっとしとなす」
「みんな仲良くしましょうね」

「偽す」ではなく「為す」です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する