ここから本文です

解決済みのQ&A

太平洋戦争時の日本軍の名将ベスト3と愚将ワースト3はそれぞれ誰だと思いますか?

newcomer0501さん

太平洋戦争時の日本軍の名将ベスト3と愚将ワースト3はそれぞれ誰だと思いますか?

  • 質問日時:
    2007/9/9 22:26:20
  • 解決日時:
    2007/9/24 03:44:10
  • 閲覧数:
    19,131
    回答数:
    6

ベストアンサーに選ばれた回答

trose1833さん

牟田口,富永,辻は文句なしの愚将だが,栗田は名将でも愚将でもない。栗田を愚将とするのはレイテ決戦での運命の艦隊反転を念頭に置いているのだろうが,あれはやむを得ない行動。

南雲は愚将というよりも凡将。木村は運が良かっただけで戦略眼があったわけではない。栗林は戦術指揮官としては優秀と言えないことはないが,名将と言えるほどに創意工夫と指導力があったわけではない。

マレー沖海戦が成功したのは小沢の指揮が傑出していたからではない。現場指揮官とパイロットの高度な技量の成果。小沢は愚将ではないが,名将とは言いがたい。レイテの西村?やるべきことをやるのは軍人として当たり前。不可能に近いことを可能にするのが名将の器。よって,ドイツのマンシュタイン,グーデリアンやソ連のロコソフスキー,ジューコフのような真の名将と言える人物は日本軍にはいない。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(5件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

artofnoise9さん

牟田口廉也、木村兵太郎、富永恭次あたりが愚将の最たるものかと。
牟田口以外の二人は持ち場を放り出して敵前逃亡しています。
牟田口に至っては、そもそも「敵前」に出てきていません。
栗田は出撃時に乗艦を撃沈されても最前線に赴き、苦闘の末に兵を連れ帰りましたが、
この3人はいずれも兵隊をまるでゴミのように扱い、部下達はむごたらしい死を迎えています。
もちろん自分だけ助かって、積荷は芸者とかウイスキーとか…もう…
せめて一人でも部下を乗せていこうという気はなかったんでしょうかねえ。

ちなみにあまり注目されないのですが、木村は富永と似て東条の腹心として出世し、
富永と同じく陸軍次官を歴任。川辺‐牟田口ラインがインパール作戦後更迭されたため
川辺の後任としてビルマ方面軍司令官に着任しています。
その後ビルマに英軍が侵攻したのですが、
インパール作戦で戦力を消耗しきっていたビルマ方面軍は全く太刀打ちできず、
日本軍の不利を見て取ったビルマ軍の寝返りもあって
木村は恐怖のあまり震えて口も利けない状況になっていたようです。

そのためか、現地で戦闘中の友軍はおろか、在留邦人やチャンドラボースの同盟軍も放り出し、
配下の部隊にはラングーン死守を命じたまま、部下の制止も振り切って
本人はラングーンを放棄して幕僚・芸者たちとともに飛行機で逃げ出してしまいました。
ちなみに芸者はそのままでは格好がつかないためか、「篤志看護婦」と偽って同行しています。
これにより司令部が消滅したビルマ方面軍は指揮命令系統が崩壊して大混乱に陥り、
敵の真ん中に孤立した部隊は次々と殲滅されてゆき、ビルマ方面軍は事実上壊滅しました。
司令部の逃亡を知らなかった将兵は、必死に防戦しながら後退してきた末に
ラングーンの書類の散乱した司令部跡を見て逃亡の事実を知り、唖然として立ち尽くしたといいます。

名将として名前が出てきた宮崎繁三郎率いる54師団は、このとき戦闘よりも人命を重視して
重火器などを打ち捨てて急いで集結、ペグー山中に立てこもって生き残りを図りますが
孤立無援の状況から食料が欠乏し全員餓死の危機に瀕してしまいました。
そこで事態を打開しようと敵中突破を強行、その結果、兵の半数が死亡しています。
彼が後の臨終直前に発したうわごと
「敵中突破で分離した部隊を間違いなく掌握したか?」というのはこの時のことを指しています。

ちなみによりによって逃亡中に木村兵太郎は大将に昇進しています。
このへんが帝国陸軍という官僚組織のグダグダっぷりをよく示していますね。
こうしてなんとか戦場からは逃げおおせた木村でしたが、戦後東京裁判で死刑宣告を受け、
A級戦犯として処刑された七人のうちの一人として、今も靖国神社にまつられています。

  • 違反報告
  • 編集日時:2007/9/17 00:57:25
  • 回答日時:2007/9/16 04:28:25

y_o_i_k_oさん

宮崎繁三郎、角田覚治は名将に入るでしょうか。

nightdancer6160さん

レイテ海戦の西村祥治中将も、やるべきことをしたので、入れて置いてください。

名将かな。

inasa99さん

ベスト3は小沢治三郎(マレー沖海戦を指揮)、栗林忠道(硫黄島決戦を指揮)、木村昌福(キスカ島退却を指揮)

ワースト3は南雲忠一、牟田口廉也、辻正信

yubnfgasdr78000さん

愚将ワースト3 牟田口廉也 富永恭次 栗田健男
名将ベスト3 今村均 山口多聞 栗林忠道


佐官では、島田豊作 樋端久利雄 八原博通 大井篤

  • 違反報告
  • 編集日時:2007/9/9 22:43:23
  • 回答日時:2007/9/9 22:39:55

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する