ここから本文です

解決済みのQ&A

着物の丸帯と袋帯の違いは?

debiru2493さん

着物の丸帯と袋帯の違いは?

  • 質問日時:
    2007/10/18 18:21:45
  • 解決日時:
    2007/11/2 03:48:39
  • 閲覧数:
    8,737
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

sakuyalove1231さん

丸帯
両表の帯のこと。表も裏も柄有りでどちらを表にしても結べるもの。地が厚く結構しめにくいです。昔着物であります。

袋帯
表のみ柄有りで裏には柄のないもの。丸帯に比べるとしめやすく軽いです。最近はほとんどこの形です。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2007/10/18 22:43:07

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

chokimonoさん

丸帯は、今の袋帯の倍の幅で織った帯地を半分に織って仕立てた帯。

袋帯は、表面に柄の帯地、裏面の隠れるところは薄い無地の生地を使い、帯芯を入れて縫い合わせた帯。
裏表とも豪奢になる丸帯は重くて使いにくく、コストも掛かるので、節約&軽量化した形じゃないでしょうか。
最近は、二重太鼓を結える長さの帯を一般的に「袋帯」と呼んでるみたいです。

初めから袋状(筒状)に織った帯は本袋。半巾帯によくみられます。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する