ここから本文です

解決済みのQ&A

高K血症にGI療法を行いますが、インスリンがKを細胞内に引き込んでくれるのはわか...

yumiyumia_aさん

高K血症にGI療法を行いますが、インスリンがKを細胞内に引き込んでくれるのはわかるのですが、その詳しい機序を教えていただけませんか?

  • 質問日時:
    2007/11/9 20:30:10
    ケータイからの投稿
  • 解決日時:
    2007/11/24 03:46:33
  • 閲覧数:
    50,759
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

dialyisisさん

細胞がエネルギーを血管から細胞内に取り込む際にNa-Kポンプが作用します。
細胞内のNaを細胞外へ、細胞外のKを細胞内に取り込む。

すごく大雑把にすると、こんな感じです。

前の回答者様がおっしゃっているように、その程度の内容はちょっと小難しい生理学の本にばっちり載っているので
ご自分で調べられることをおすすめします。

あと、訂正させていただくと、インスリンがKを細胞内に引き込むのではなくて、
糖を細胞内に取り込む過程でKが細胞内に取り込まれます。
そこで、高濃度ブドウ糖液とインスリンを同時投与することで、血中K濃度を下げようとするのがGI療法です。

併せて、その他の高K血症の治療(イオン交換樹脂注腸、血液透析など)の治療原理や血中K低下の速度など
の治療の特徴を学ばれると、よりよい学びとなると思います。

ネットでは、悪意は無くても、嘘を教えられることも少なくありませんので、文献等でしっかり学ばれてください。

現場で活きる知識を身につけられて下さいね。

  • 違反報告
  • 編集日時:2007/11/15 22:54:21
  • 回答日時:2007/11/10 00:53:07

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

dendritic007さん

生理学の本か、糖代謝の本を読めば載っていると思います。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する