ここから本文です

解決済みのQ&A

あまのじゃく、ってどういう意味ですか? どういうときに使う言葉なのでしょうか?...

viviennewestwood_vivi_viviさん

あまのじゃく、ってどういう意味ですか?
どういうときに使う言葉なのでしょうか?
辞書を見てもいまいちパッとしません・・・。

  • 質問日時:
    2007/12/4 13:22:55
  • 解決日時:
    2007/12/5 17:31:38
  • 閲覧数:
    59,319
    回答数:
    5

ベストアンサーに選ばれた回答

to49721さん

鬼の一種で、天邪鬼と書きます。あまり能力の高くない小鬼で、人のすきをついていたずらをするような、ひねくれものの小鬼というキャラクターとされています。そこから転じて、素直でなくひねくれている人をそのように呼びます。

質問した人からのお礼

  • 抱きしめるよーくわかりました。ありがとうございます。
  • コメント日時:2007/12/5 17:31:38

グレード

ベストアンサー以外の回答

(4件中1〜4件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

gotourettoutamaさん

天邪鬼と同義語で九州弁で山川どんくと言う言葉があります。

どんくとは蛙のことで、ひねくれ者の蛙がいて、

母蛙が山に行けと言ったら川に行き、川に行けと言ったら山に行くので、

母蛙が死に際に山にいけろと言ったら川にいけられるので、

川にいけろ言ったら山にいけてくれるだろうと思って川にいけてくれと

言って亡くなった。

ひねくれ者の蛙は母の最期の言いつけだけは素直にきこうと、

川にいけました。

ところが雨が降って母蛙が流されたので、

どんくは雨が降ると母が雨で流されことを思って泣くそうです。

kumakuma_kumama_6541654さん

思っている事とは真逆に言う(する)事じゃないですかね?
スキだと思ってるのに「嫌い」って言ってみたり。

要するに嘘つきって事かな?

ty470620さん

故意に人に逆らった行動ばかりをする、ひねくれ者を指します。
神話にある「天探女(あまのさぐめ)」が語源という説があります。ひねくれた意地悪な女神だったところから、「あまのさぐめ」が「あまのじゃく」に転訛してひねくれ者の代名詞になったというものです。
また仏教では、御仏の教えにことごとく反抗する悪者を「天邪鬼」と呼んだそうです。これは、人間の煩悩を象徴的に表すものといわれています。仁王様や四天王に踏みつけられている鬼をお寺でよく見かけますが、これが「天邪鬼」です。

nnn808nnnさん

素直じゃないってことだと思いますよ。
嬉しいのに嬉しくないと言ったり、美味しいのに美味しくないと言ったりする人がいた時に、
「あまのじゃくな人だなぁ」と言ってみましょう。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する