ここから本文です

新スプリアス対応でないリグは、今後全て使用できなくなるのでしょうか? そして...

アバター

ID非公開さん

2014/10/2519:55:15

新スプリアス対応でないリグは、今後全て使用できなくなるのでしょうか?
そしてそれは西暦何年から全て新スプリアス対応リグのみになるのでしょうか?

閲覧数:
18,431
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ccharlie3503さん

2014/10/2602:20:55

平成17年12月1日以前に製造された機械は、平成29年11月30日までに免許を受ければ、その後、免許を切らさず更新しつづければ、技適機種も、技適機種でないものも、永久に使用できます。ただし、免許を切らして、再免許となると、新スプリアス規定に適合するような措置を施し、TSSの保証を受けないと、再免許されません。

平成34年11月30日をすぎると、旧スプリアス規制で技適を受けていた機種すなわち平成17年12月1日以前製造の技適機種は技適の効力を失います。この規定が誤解を生んでいるのですが、この日付は平成29年11月30日の五年後、すなわち旧スプリアス規制の機種で免許を受けられる一番最後の日に受けた免許が失効する日です。その全日までは技適は有効ということを確認しているだけの規定です。平成29年11月30日が旧スプリアス規制機種で免許を受けられる最終日ですから、34年はあまり重要性はありません。

結論。技適機種であろうがなかろうが、旧スプリアス機種をつかいたいのであれば、平成29年11月30日までに免許を受け、その後確実に更新しつづければ、機械が壊れるか、あなたが死ぬまでつかえます。免許を失効させたら、それまでです。

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/spurious/

  • ccharlie3503さん

    2014/10/2603:13:16

    平成29年12月1日以降に免許が失効しても、旧技適機種は平成34年11月30日まで有効ですから、それまでなら、旧技適機種に限り、再免許は可能です。念のため。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2014/10/29 19:46:56

感謝 そうですか、免許を切らさなければ旧スプリアス規制リグも使えるとのことで安心しました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oshietteeeeさん

2014/10/2819:45:36

旧スプリアス規格で製造された無線機は、いかなる理由があっても、平成34年(2022年)12月1日以降は、使用することができません。
無線局免許状に記載された免許の有効年月日とは、全く無関係です。
旧スプリアス規格の無線機は、永久的には使用できません。

平成34年(2022年)12月1日以降に、旧スプリアス規格の無線機を使用するには、現行のスプリアス規格に合致するよう改造なり、調整を行い、アマチュア局の場合は、新たに技術基準適合証明の取得を行うか、保証認定にて保証を受ける、いずれかの方法で、変更申請が必要となります。

補足ですが、旧スプリアス規格の無線機で免許を受けることができるのは、平成19年(2007年)11月30日までに製造された無線機で、それ以降に製造された旧スプリアス規格の無線機では、免許を受けることができません。

建前は、そうなんですけど、アマチュア局の場合は、旧スプリアス規格の無線機がたくさん残っているので、どうなるんでしょうか?

ちなみに、業務用の基地局、固定局などは、今、計画的に新スプリアス規格の無線設備に取り替えが進んでいます。デジタル化にあわせて、結果的に新スプリアス規格に置き換わったりしています。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2014/10/2520:42:44

総務省のサイトの情報では・・・

旧規則に基づく無線機器が免許(登録)を受けている場合は、平成34年11月30日まで旧規則の無線設備の条件の適用が可能です

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。