ここから本文です

たかじんさんの妻、さくらさんと百田さんが手を組んでたかじんさんが自ら設立した...

happyhappy_1119さん

2014/11/1915:41:09

たかじんさんの妻、さくらさんと百田さんが手を組んでたかじんさんが自ら設立した、OSAKAあかるクラブに寄付されることになっているお金を、自らのものにしようとしているという噂は本当ですか?

どなたか事実を知っている人がいたら教えてください。

閲覧数:
42,713
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2014/11/2320:32:37

あかるクラブに関わる友人が語ったところによると、さくら夫人が強引に遺言に記された寄付を(さくら夫人が中心となって設立する)新財団に全額引渡すように要求してきたとのこと。そこであかるクラブの緊急理事会が開かれ審議されたが、結論としては「裁判などしてゴタゴタすれば、それこそたかじんさんの名誉を傷つけることになるし、奥さん(さくら夫人)と争うことはたかじんさんの望むことではない」という結論に達し、寄付金を全て放棄するということになったらしい。但し、寄付を放棄するにしても、最低限の条件をつけるべきだという意見が複数の理事からあり、結局「放棄した寄付金は全てたかじんさんの願っていたアワードに使うか、あるいはそれ以外に使う場合にはたかじんさんの純粋な思いを反映した公的な使い方をして欲しい。そうすれば全く異議は申さないが、少なくともそういった寄付金を使う会議にはあかるクラブからも1名出席させてもらいたい」という条件を付けさせてもらったとのこと。しかし、理事の面々が報告を受けて非常に驚いたことは、その話し合いの場に、何の予告もなしに、百田氏ともうひとりの放送関係者がさくら夫人に連れられて来ていたとのこと。そしてあかるクラブに出された要求というものは、一言で云えば「つべこべ条件をつけずに全額放棄すればいいんや」ということだったらしい。誰であっても百田氏や有力な放送関係者がいれば、それだけで大きな威圧を感じざるを得なかったのではないかと友人は云っていた。しかし、そういった威圧感にも関わらず、また今後予測されるであろう有形無形の圧力を危惧しながらも、たかじんの思いがどうであるかを重視し、無条件放棄はできないという結論を出したとのことだった。結局、弁護士とも相談の上、遺言書通りに進めていくということが妥当であるという判断をしたとのことである。
ただ遺産を放棄しなければ、今後はたかじんの肖像なども一切使用させないというようなこともさくら夫人から通告されているらしい。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

xbwyj905さん

2014/11/2301:59:09

若しもそれが本当の話なら。
たかじんさんには、はしもっちゃん、と云う
弁護士風の大阪市長さんがいらっしゃいます。

今は政治家でも元はと言えば
たかじんさん在ってのはしもっちゃん、な訳です。

冗談では済まされない話なら
はしもっちゃんが一言、二言 公でボヤけば
それに聞い耳を立てた 売名人種が動くでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。