ここから本文です

解決済みのQ&A

漢文なんですけれど、「也」や「不」などは書き下だし文にするときに平仮名とそのまま...

mosqui0314さん

漢文なんですけれど、「也」や「不」などは書き下だし文にするときに平仮名とそのまま漢字の場合がありますよね!?
参考書などには助詞や助動詞のときは平仮名!と書いてあります。 何となくは分かるんですが実際問題を解くと意味がわからなくなります。。

どうやって見分けたらいいですか??

  • 質問日時:
    2008/1/6 15:13:40
    ケータイからの投稿
  • 解決日時:
    2008/1/21 03:54:49
  • 閲覧数:
    1,690
    回答数:
    3

ベストアンサーに選ばれた回答

ya14kuwa77さん

どう説明したら分かるか、ちょっと難しいですが・・。
読み下し文というのは日本語です。だから「也」や「不」は、平仮名にしないと、漢字のままでは読み下し文になりません。たとえば「不成」は「成らず」という読み下し文になりますが、「成ら不」という日本語にはなりません。だから平仮名にするのです。
「どう見分けたら」という質問には「漢字のままで日本語になっているか、読んでみること」という返事しかできません。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

sonseiteiha2006さん

「ず」も「なり」も古文で助動詞として出てきて活用型などを覚えますよね。
書き下しはようは古文なので古文の助詞、助動詞を覚えたらどうですか?
漢文の助詞、助動詞のうち、多くは古文とかでも出てくると思うのでそれが一番よいかと。

akishikibuさん

「付属語」か「自立語」で見分けます。
「付属語」・・・助詞・助動詞のみ。これ一つでは意味がわからない語。
自立語にくっついて意味をなす。(ひらがなで書き下し。)
「自立語」・・・他の品詞全部。「代名詞」「名詞」「動詞」「形容詞」
「形容動詞」「副詞」「感動詞」「連体詞」「接続詞」(漢字で書き下し。)
「自立語」は、その一語で1つの文節を作ることができます。
例「今日は大変寒かった。」・・・今日(副詞・自立語)は(助詞・付属語)
大変(副詞・自立語)寒かっ(・形容詞・自立語)た(助動詞・付属語)
助詞・助動詞は、その語だけでは意味がわかりません。(付属語)・・・ひらがなで書き下す。
他の品詞の語は、その語のみで意味がわかります。(自立語)・・・漢字で書き下す。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する