ここから本文です

解決済みのQ&A

フィギュアスケートの黒人選手。

lassie_lalaさん

フィギュアスケートの黒人選手。

フィギュアスケートって黒人の選手が少ないような気がするんですが…
フランスのボナリー選手の動画は、you tubeで見つけたんですけど、
他にも黒人選手で活躍されている方はいるのでしょうか? 私が見落としているだけなのかもしれませんけど…

黒人の選手の数が少ないのは、単にフィギュアスケートが盛んな国では黒人の人口が少ないというだけでしょうか?
やっぱり人種差別みたいなものがあるからでしょうか? それともスケートを習うための費用の問題などもあるんでしょうか?

  • 質問日時:
    2008/2/13 14:09:37
  • 解決日時:
    2008/2/14 11:42:09
  • 閲覧数:
    18,407
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

boston_sports_freakさん

おっしゃるようにフィギュアスケートで活躍する黒人選手は多くありません。
フランスのスルヤ・ボナリー選手や、アメリカのデヴィ・トーマス選手は有名ですが、他にはほとんどいないのが現状でしょう。

一般に言われる理由は下記が挙げられます。

1.歴史的、統計的に黒人は貧困層が多いから。
ご存知と思いますが、フィギュアスケートは大変お金がかかるスポーツです。道具代、衣装代、コーチ代、リンクを借りる費用など、トップ選手ともなると年間で数千万円かかると言われます。
一方、例外も少なくないものの、平均で考えると黒人はいまだ中流階級より下の生活レベルの人が多いです。よって、お金のかかるフィギュアスケートというスポーツを始めるのには障害が多いというのは事実でしょう。同様の理由から、アイスホッケー、スキー、スノーボードなどのウィンタースポーツでも黒人選手は少ないと言われています。

2.黒人にはなじみの薄いスポーツだから。
これは黒人人口が多いアメリカの場合ですが、黒人の多くが国の南部に在住しています。フィギュアスケートなどのウィンタースポーツが盛んなのは主にアメリカでも北部の州。よって、黒人社会ではフィギュアスケート自体があまりポピュラーなスポーツではない。だから始める人も少ないという図式が出来上がります。
同様に黒人だらけのアフリカ。雪が降る国が少なく、ウィンタースポーツ自体が盛んではありませんね。冬季オリンピックの参加国の分布を見れば一目瞭然です。そのスポーツが盛んではないから競技人口も少なく、トップ選手も少ない。そういうプロセスから、世界に知られる黒人選手はなかなか出てきにくいと言われています。

3.白人世界のスポーツだから。
以上のような理由から、歴史的にフィギュアスポーツ界の人間の大半が欧米人(白人)です。同様に審判も白人が大半です。
フィギュアスケートのような採点競技の場合、どう頑張って客観的にジャッジしようとしても、どうしても少しは審判の主観が入ります。「美しさ」という尺度を判断する時、白人の目からだと、どうしても黒人選手を不利にしてしまいがちなのは仕方ないかもしれません。ちなみにジャンプが高評価だったボナリー選手。芸術点を伸ばすのには、長い間非常に苦労してます。そういった意味では、悪い意味での「差別」が全くないとは言いにくいかもしれません。

主な理由は以上だと言われています。ご参考になれば幸いです。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/2/13 20:32:03
  • 回答日時:2008/2/13 15:39:59

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する