ここから本文です

実家の神棚(扉が3つあるタイプ)のことについて質問です。

midorinokitunetarouさん

2015/8/312:06:30

実家の神棚(扉が3つあるタイプ)のことについて質問です。

今まで自分で神棚の扉を開けたことがなかったのですが、祖父が亡くなってから、自分で神棚の扉を開けたところ、真ん中の扉に天照皇大神の神札が1枚、左右の扉には天照皇大神の神札が5枚づつくらい入っていました。
たぶん左右の神札は古くなったものを御炊き上げせずに溜めていってしまったものかなと思ったのですが、これは御炊き上げした方がいいでしょうか?
それと調べたら左右の扉には氏神や何か別の神様の神札を用意した方がいいのでしょうか?

閲覧数:
180
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aburaito1さん

2015/8/315:28:45

一般的には古札は正月などに御焚上します。
しかし、古い札を何年も大切にまつるケースもあり、これもまた「良い」とされています。

なお、左右の扉には氏神や何か別の神様の神札を用意する場合が多いですが
これも厳重な規則はなく、何も入れなくてもよいですし、
他の神社をまつってよいとされています。

一般的には古札は正月などに御焚上します。...

質問した人からのコメント

2015/8/3 17:13:39

古い神札を祀るケースがあるとは知りませんでした!几帳面な祖父母だったのでわざと御炊き上げしなかったのかもしれませんね…
ありがとうございました!

「天照皇大神」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2015/8/312:49:31

神道は汚(けが)れを嫌う宗教ですから、神主の装束は白いし手水鉢で手と口を漱(すす)ぎます。

古いお札はお焚上げをしてもらい、氏神様のお札も神棚に納めて置くのが良いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。