ここから本文です

卓球のラケットに2枚合板なんてあるの?

hello_vitzさん

2015/10/2507:32:56

卓球のラケットに2枚合板なんてあるの?

ITTF の卓球ルールには
2 THE LAWS OF TABLE TENNIS
http://www.ittf.com/ittf_handbook/2014/2014_EN_HBK_CHPT_2.pdf

2.4.2 At least 85% of the blade by thickness shall be of natural wood; an adhesive layer within the blade may be reinforced with fibrous material such as carbon fibre, glass fibre or compressed paper, but shall not be thicker than 7.5% of the total thickness or 0.35mm, whichever is the smaller.

少なくとも、ブレード(ボールを打つ、平らな部分)の厚さで 85% は天然木材でなくてはならない。ブレードの接着層はカーボンファイバー、グラスファイバー あるいは 圧縮紙などの線維状物質(線維材)で補強しても構わないが、全体の厚さの7.5% あるいは 0.35mm いずれも超えてはならない

―――――――――――――――――――――――――

を読み、疑問だったのは
「2つある文のうち、2つ目は不要じゃない?」

ってことでした

ブレードの厚さで 85% は天然木材でなくてはならない
とすると、接着層の厚さは

3枚合板で 15 / 2 = 7.5% 以下
5枚合板で 15 / 4 = 3.75% 以下
7枚合板で 15 / 6 = 2.5% 以下

になるので、わざわざ書くこともないだろう?

ということです

でも、2枚合板なら接着層 15% もありえますね

【質問】
(1)卓球のラケットに2枚合板なんてあるの?

(2)ペンラケットで フォア面に近い所に
厚い接着層を入れる想定をしたのでしょうか?

閲覧数:
216
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2015/10/2510:00:50

なぜ全ての接着層が同じ厚みであるという前提になっているのでしょう。
接着層の1つだけが極端に厚いケースもあり得ますよ。

2枚合板、昔にあったセンターカーボンっていうラケットは、カーボンが1枚だけで板の枚数が偶数だったと思います。2枚合板だったか、4枚合板だったかは忘れましたが。

  • 質問者

    hello_vitzさん

    2015/10/2510:21:39

    ダーカーが 1989年に発売したのですね
    もう廃盤になっており、僕は初めて聞きました

    【ぐっちぃ】兵庫県の方でセンターカーボン系ラケットを使う
    http://yamaguchi.diary.to/archives/51848767.html

    で画像を見ることができ、感動しました

    貴重な情報ありがとうございます

    でも、なんでルールでわざわざ

    全体の厚さの7.5% あるいは 0.35mm いずれも超えてはならない

    なんて制限しないといけなかったのでしょう

    1mm のカーボン入れたらどうなっちゃうのが興味あります

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aoni_yoshiさん

2015/10/2610:44:55

このルール、かなりわかりづらい表現ですよね。JTTAルールブックでも同じで、すぐにピンとくる表現になっていません。

このような表現になった経緯、昔、ニッタクがカーボン入りラケットを初めて作って、これによりルール改訂がなされた際のいきさつを考えると、大凡推測はつくのですが…。

私なりの解釈を以下に述べます。間違っているかも知れませんが参考まで。

話をわかり易くするため、木材3枚+接着層(繊維素材で補強)2層の場合、

もし、ブレード厚6mmの場合、接着層の厚さは、7.5%だと0.45mmとなります。でもこれは、0.35mmを越えているため、ルールに則った接着層の厚さは自動的に0.35mmに制限されます。

一方、もしブレード厚4mmの場合、7.5%だと、0.3mmとなり、0.35mmを下回りますが、7.5%と0.35mmの条件が"AND"なので、ルールに則った接着層の厚さは自動的に0.3mmに制限されます。

つまり、接着層の厚さはブレードの板厚に依存するため、制限として、全体に対する割合(相対値)と0.35mmという絶対値が"AND"条件として規定されているのだと思います。

もし、相対値だけだと、ブレード厚を厚くすれば、接着層(繊維素材で補強)をいくらでも厚くできることになるので、それを制限したかったのだと推測されます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tsu8071さん

2015/10/2517:33:25

2枚合板は作ろうと思えば作れますが、試合で使うことは…難しいかと。多分廃盤などであったりはするかもしれません。
基本的に奇数で合板は組まれるので、2枚合板っていうか、正直『板』ですね。

2015/10/2510:46:27

2枚合板って見たことないなあ・・・そもそも偶数ってないんだよね・・・なんでだろう

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

rasantmanさん

2015/10/2509:06:23

2枚合板にハムを挟んで、

パンニハムハサムニダ

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nazumachobiさん

2015/10/2508:45:38

アンタみたいなヒトがいるから、第2の文があるワケで…。

「…あるいは…」で、ソコをおさえているのに…。

だから「2枚」は聞いたコトがなく…。

そもそも合板構成として変形に弱いし…。

ニッタク:トレファイア

コクタク:ターボ300G

いずれも、3枚の名作です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。