ここから本文です

[鉄道]万が一、電車の線路に落ちたときは、線路の間で枕木の上に伏せれば、電車は...

statsbeginnerさん

2016/2/600:50:48

[鉄道]万が一、電車の線路に落ちたときは、線路の間で枕木の上に伏せれば、電車は当たらないものなのでしょうか?

電車の規格にもよるのかもしれませんが、一般論としてどうなんでしょうか。
しょうもない質問ですが昔から気になっていますw

閲覧数:
2,237
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mt54bunbunさん

2016/2/611:44:40

かなり高確率で死亡事故になります。
たしかにレールには十数センチの高さがあり、マクラギにも中央部がくぼんでいる形状の物もありますから、幸い助かった例はありますが・・・

しかし電車の走行機器は床下に付いています。モーターや抵抗器など熱を発生する機器には冷却風を吸い込むところもあります。
また列車走行で複雑な気流が生じています。
仮に作業服とかトレーニングウエアとかジーパンTシャツのように体にフィットした衣類で、かつ短髪であればなんとか可能性はありますが、普通の髪型で普通の服装でれば、髪や衣類の裾が風圧で舞い上がり、その際に床下機器の突起物にひっかかれば体全体が巻き込まれて・・・

というわけで、列車通過直前に線路に落ちそうになる行為そのものは厳にやめていただきたいです。
地下鉄や新設ホームならホーム下に退避箇所があります。
旧い駅でしたらそのようなスペースも無く、場合によってはホームと反対側の、隣接する線路との中間地帯に伏せるのが正しい退避方法。
この線路と線路の間、というのをマヌケな新聞がレールとレールの間、などと誤報することもあるのですから、ほんとマスゴミとは困った奴らです。

↓やむをず緊急避難する場所としては下の赤矢印で示した箇所です

かなり高確率で死亡事故になります。...

  • 質問者

    statsbeginnerさん

    2016/02/0710:10:18

    退避場所まで教えてくださってありがとうございます。

    添付していただいた画像のような駅であればいいのですが、地下鉄だと反対側に移れるようになってなかったり、他の方の回答にあったように高圧の電線などがあったりすると、ヤバイですね。

    その場合は、助けを呼びつつ、ダッシュで退避スペースを探すしかないということか。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/2/11 09:30:03

みなさんありがとうございました。
とりあえず、
・レールの間に伏せてもまず助からない
・ホーム下の全部又は一部に退避可能となっている駅も多いが、全駅ではない
・可能なら反対側の線路に逃げる
・線路のわきに高圧の電線がある路線もあるので注意
と理解しました。
線路に降りる行為は厳に慎むとともに、落ちている人をみたらダッシュで非常ボタンを押しにいくこととします。

「線路に落ちたら」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

umiushi711さん

2016/2/611:54:33

これは、普通の人は、普通に見慣れた光景を、どれだけ観察して「いないか」がよく分かる質問ですね。

kirby0040さん

2016/2/611:49:34

床下機器があるので一般的な大人ならダメかも知れませんが、
極端に痩せている人なら通過するかも知れません。

枕木と床下機器の間は30センチくらいだと言われています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2016/2/610:40:16

ホームなら、駅によっては、ホームの真下に退避所?があります。そこに、逃げ込んでください。

電車によっては、第三軌条と言って、レールのすぐ横に架線の代わりになるものがあります。地下鉄御堂筋線など。
高電圧の電流が流れてますので、絶対に、そちらには行かないでください。

ホームなら、駅によっては、ホームの真下に退避所?があります。そこに、逃げ込んでください。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sea2ibis1000さん

2016/2/608:59:04

降雪地の車両はスノープロウ(排雪器)が付いているの無理でしょう。

tamosuke64さん

2016/2/608:15:31

これはレールや枕木の種類によります。

一般的な50Nレールと木の枕木の区間では、まず無理です。
50Nレールの高さは153mm。
車両に対する限界寸法は、レール上面から25mm。
レールを枕木に固定する金具の厚さが約10mm。
合計して、枕木上から188mmの範囲に体が収まれば助かる可能性があります。
ただ、この寸法は一般的な成人には無理でしょう。

これが、一部幹線で使用される60kgレール、かつコンクリート枕木の区間なら、レールの高さが174mmあり、かつ枕木の中央部が若干窪んでいるため、枕木上から220mm程度の範囲に体が収まれば助かる可能性があります。
これなら成人でも小柄な人なら何とかなりそうです。

(あくまでも寸法上の計算です。実際に試したりはしないでください)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。