ここから本文です

解決済みのQ&A

前投薬(硫酸アトロピン)は、静脈注射ではなく筋肉注射しますがその理由がわかり...

niko1917さん

前投薬(硫酸アトロピン)は、静脈注射ではなく筋肉注射しますがその理由がわかりません。筋肉注射でなければいけない理由の分かる方がいたら、教えて下さい。

  • 質問日時:
    2008/4/22 13:30:45
  • 解決日時:
    2008/5/1 04:57:36
  • 閲覧数:
    7,457
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

ijiwarumushi2004さん

静脈注射は直接静脈血内に注射されるため、すぐに吸収され効果の持続時間が短いです。筋肉内注射は、皮下組織よりも血管の多い筋肉組織に注射し、静脈よりはゆるやかに皮下よりは早く吸収され全身をまわります。

注射の方法の選択は、一気に血中濃度をあげたいか、ゆるやかに上げたいかにより方法が決まります。

しかし最近前投薬はあまり注射をしません。内服が多いです。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

jomat0320さん

硫酸アトロピンを手術前に投与する理由は、唾液分泌、気道分泌、胃液、膵液などの分泌や消化管運動の抑制(副交感神経の働きを抑える)する目的からです。

静注するとこれらの目的を達する以前にかなりの頻脈になってしまうため、必ず皮注もしくは筋注で投与します。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する