ここから本文です

解決済みのQ&A

私たち「黄色人種」が「もっとも進化したヒト」というのは本当ですか?

terieteriemoonさん

私たち「黄色人種」が「もっとも進化したヒト」というのは本当ですか?

生物学的に白人・黒人に勝っているところはありますか??

補足
皆様多くのご意見有難うございました。

投票にさせて頂きます。
  • 質問日時:
    2008/6/5 02:40:58
  • 解決日時:
    2008/6/19 03:44:59
  • 閲覧数:
    2,842
    回答数:
    8
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

bimsonhotelさん

黄色、白、黒に分ける時点で科学的じゃないけど、
とりあえずおいといて、そのわけかたで言えば、
黒から人類ははじまり、白がそこから分岐してあらわれ、
そこから黄色が分岐してあらわれたというのはDNA研究の成果として正しい。
黄色が一番進化している、とも言える。

ただ、科学用語としての「進化」という言葉は必ずしも勝っていることを
さす訳ではない。例えばある器官が退化してなくなるのも「進化」のひとつである。

そんなわけで勝っているかどうかは、勝ち負けを判断する人の価値観にかかっているが、
一番進化しているとは言えると思う。
ちなみに、もっと細かくいえば、黄色の中でも南米のネイティブインディヘナが一番進化している。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(7件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

mmooo_sさん

そうmax7974さんの仰るとおり、肌色が最も適応能力が高いなんて大嘘。
それぞれの地域に適しているだけ。黄色い肌は中緯度に適しているが、高緯度では白人が、低緯度地方では黒人が有利。それだけ。

生物学者がつかう「より進化した」というのは、祖先の形質をあまり残していない(祖先から大きく形質が変化している)と言うだけであって、
それに良いとか悪いという意味はないですよ。進化を進歩や前進といういみでつかうのは、生物に関しては間違いですので気をつけてください。
白人や黒人に勝っているところねぇ・・・中緯度地方では黄色い肌が有利だ。それは間違いなく言えます。

とおもったけどmax7974さんの回答も変だった><
肌の色はそれぞれの地域に適応した結果なので、進化的形質の一つですよ!
べつに他の対立的な形質が絶滅していなかろうとも関係ないんです。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/6/5 18:56:36
  • 回答日時:2008/6/5 18:54:09

max7974さん

肌の色は緯度によって異なる紫外線量に単に適応しているだけで進化とは言えません。今後、オゾン層の破壊が起こり、紫外線量が増大し、白色人種が絶滅したときに、有色人種が進化だったと結果的に評価されるだけです。
つまり、進化とは生き残った物に冠せられる、環境適応の結果の評価なのです。

追記

mmooo_sさん、質問の主旨はどの人種が優れているかと言うことを聞いていますよ。純粋な進化の観点での話ではありません。
環境適応は進化です。しかし、そこに種の優劣があるわけではないことは自明の理です。つまり、一般の人が進化と言う言葉を理解しているのは、アニメや小説の類で使うアカデッミクな概念と異なる『進化』で、質問者の視座もそこにあると思われます。よって、その観点からの進化と学問上定義する進化を区別して、わかりやすく表現をしているのです。ご理解ください。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/6/6 15:03:27
  • 回答日時:2008/6/5 14:36:54

akkie2202さん

人種が違っても同じ人間には変わりないし個人差もあるんであくまで傾向としか言えませんが下記のことから黄色人種が最も進化に近いと思います。
【黄色人種の長所】
・知能が高い
・省エネ
・肌の環境適応能力が高い
・身体が柔軟
・栄養の吸収効率が良い
・新陳代謝が活発
etc.

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2008/6/5 13:55:04

crossbill666さん

人間なんて全部同じですよ…

susanoodragonさん

アフリカン(黒人)→コーカソイド(白人)→オセアニアン
アフリカン(黒人)→コーカソイド(白人)→イーストアジアン(黄色人種)→ネイティブ・アメリカン

ネイティブ・アメリカンがもっとも進化した人です。(進歩ではありません。)

黄色人種が、白人・黒人に勝っているところは体臭や腋臭が少ないところです。(劣っているとも言えますが)
肌の環境適応能力も白人・黒人に勝っています。
(白人→メラニン色素の生成が少ないため紫外線に弱い。ビタミンDの生成に優れている。)
(黒人→メラニン色素の生成が多いため紫外線に強い。ビタミンDの生成が苦手。)
(黄色人種→環境に応じて肌の色が変化する。)

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/6/11 02:30:31
  • 回答日時:2008/6/5 04:00:29

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する