ここから本文です

釈迦は「愛と感謝と調和」に生きることを説いただけであって、難しい経説は何も説...

mifune_00999さん

2017/2/1709:06:04

釈迦は「愛と感謝と調和」に生きることを説いただけであって、難しい経説は何も説かれませんでした。

偉大だった高橋信次先生

高橋信次先生は釈迦の生涯を霊能者として詳細されました。

釈迦は「愛と感謝と調和」に生きることを説いただけであって、難しい経説は何も説かれませんでした。つまり釈迦は宗教家と言うよりも哲学者であったわけです。その時代の霊が高橋信次先生やその弟子達に憑依して、その時代を詳細に語らせました。

その時代の言で語るという不思議な異言現象が高橋信次先生やその弟子達に起こりました。ビデオに詳細は残っていると思います。

つまり、釈迦は経典など何も説いていません。その時代の霊が高橋信次先生やその弟子達に憑依して詳細に語ったのですから真実と断定せざるを得ません。

釈迦は宗教家と言うよりも哲学者であり、この点、中国の孫子・孟子に類似しています。
釈迦を偉大な宗教家と造り上げたのは後世です。真実は、釈迦は思想家・哲学者であったわけです。


♦♥♦—————♦♥♦—————♦♥♦—————♦♥♦—————♦♥♦♠♠♠
GLA高橋けいこ先生の父が創始者に成りますが、高橋信次先生は実に立派な方でした。

信仰活動費は全て自分自身で出し、工場を経営されていました。当時は景気が良かったから、こういうことができた、と言うこともできるかも知れません。

「愛と感謝と調和」を強調され、人道的に生きることなどを強調されていました。本などは古本屋で一括購入されると良いと思います。

「異言」が高橋信次先生を慕う人に同時に多く起きていました。

高橋信次先生の第一の弟子と名乗るのは悪霊です、顔を見たら一発で分かると思います、今は全く顧みられていません。

娘の方が正しいです。

なお、幸福の科学は全く反対で、良くありません、語るに足りないと思います。
♦♥♦—————♦♥♦—————♦♥♦—————♦♥♦—————♦♥♦♠♠♠

教義は今まで信者の足枷になってきました。教義の名の下に人を殺すことが多く行われてきました。

教義は今まで信者の足枷になってきました。本当は信者に生きる勇気と希望を与えるものでなかればいけないのにです。
宗教とは信者に生きる勇気と希望を与えるものです。
教義を真面目に勉強することは愚かなことです。矛盾が次々と見えてきます。
教義の名の下に人を殺すことが多く行われてきました。


ーーーーこれをどう思いますか?

閲覧数:
58
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

momoko_0098さん

2017/2/1721:12:43

核保有、軍備急速増強、必須です。

日本(とくに沖縄)もチベットのようになってしまいます。

早く憲法を改正して、核保有、軍備急速増強をしなければいけません。

核保有は戦争抑止になります。核がないと敵国が攻めてきます。核とは使えない兵器ですが、このように戦争抑止に役立ちます。

自衛隊の軍備急速増強は非常に急務です。

質問した人からのコメント

2017/2/18 01:22:18

ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

anpontaikunさん

2017/2/1710:13:56

これはつまりGLAとかいう教団の信者が書いた文章ですか?幸福の科学を批判していますが、これを読む限り、GLAも50歩100歩の『語るに落ちる』アホカルトだと思います。

oohinotoriさん

2017/2/1709:35:12

言葉も文字も未開な時代に、どの様に悩み・どの様に修めるかを説き
人が心を造り合うことを勧めたのが釈尊仏教で、四万巻も著されます
読み切れず、重さで即死までしそうな情念の塊りを語り切れませんね

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。