ここから本文です

解決済みのQ&A

排水継手の伸縮継手とヤリトリ継手の違いは・・。

tunatinさん

排水継手の伸縮継手とヤリトリ継手の違いは・・。

皆さん こんにちは。
初めての質問ですが、よろしくお願いします。

雑排水管工事で、継手選択で悩んでいます。
埋め込みではなく、床下配管です。

伸縮継手とヤリトリ継手の長所、短所を教えて下さい。

どうかよろしくお願いします。

  • 質問日時:
    2008/8/25 16:07:14
  • 解決日時:
    2008/9/9 03:49:54
  • 閲覧数:
    7,591
    回答数:
    1

ベストアンサーに選ばれた回答

yubonnstarさん

伸縮継手は、地震動などによる、パイプののひずみを吸収し、それにより配管系が破損することを防止するための継手
やりとり継手は、2本のパイプの端に挟まれた空間を接続するための継手(我ながら分かりにくい説明ですみません・・。)
例えば、こんな時に使います。
一度施工が完了した配管に不具合が見つかり、その不具合部分を切り取って、直した後、元に戻そうとすると最後に取り付けるソケットがどうしても入りません。
やりとり継手は、パイプにつけて、その外面上をスライドさせることができるようになっています。
そのため、通常のソケットが取り付けられない上記のような場合も、配管をつなぐことができます・・。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する